★生まれ変わりました★ 

☆過去の呪縛から解放され "生まれ変わりました" 30歳(前世通算80歳)で心身ともにすこやかでありたいと願う!「転生記念日: 2013.9.2.」☆ 晩成(雅号) 敬白

"MH" "Shale Gas" "LNG"

タイトルはそれぞれ次の通りである。
メタンハイドレート=MH(Methane Hydrate)
シェールガス=Shale Gas
液化天然ガス=LNG(Liquefied Natural Gas)

相関関係は次のようになっている。
メタンハイドレート」天然ガスの主成分のメタンガスが、温度が低く圧力が高い環境下で、水と結合してできた氷状の物質が「メタンハイドレート」。1立方メートル分を分解すると、体積の約160〜170倍のメタンガスを得られる。

シェールガス」頁岩(けつ・がん)(シェール)と呼ぶ岩盤層に含まれる天然ガス。岩盤に水圧をかけて割れ目をつくってガスを採取する技術が確立され、アメリカ合衆国で天然ガスの価格が大幅に下がっている。「エネルギー革命」言われるほどそのインパクトは大きい。

液化天然ガス」←「天然ガス」天然ガスを日本が輸入する場合、マイナス162度まで冷却することで液化したもの。体積が気体の場合に比べて約600分の1となる。

メタンハイドレート総埋蔵量(日本近海)→ガス使用量の約100年分(7.4兆立方メートル)
現時点の想定コスト→100万BTU当たり約50ドル(シェールガス約3ドル・輸入LNG15ドル)

さて、これからシェールガスのごとく、劇的なコストダウンは期待できるのか?
続きを読む以降で「メタンハイドレート」に情熱を燃やす、日本人・起業家をそして関係する企業を株式投資の面からも探った・・・
続きを読む

「シェール革命の父」の生涯

英エコノミスト誌の翻訳記事が日経新聞のネットサイトにあった。
タイトルは『70代で金鉱を掘り当てた「シェール革命の父」の生涯

主人公のジョージ・ミッチェル氏は2013年7月26日に亡くなった。
実はこの方のことは、私も過去に投稿している。陸軍を退役されたあと、20年近くの歳月を経て、「シェールガス」という金鉱を掘り当てた。

起業家の一つのモデルとして、自分の信じたこと、信念を貫き通すということで、見事な人生である。
最初の投稿した時、ミッチェル氏のことを深く知らなかったが、今回、エコノミストの翻訳記事を読み、「起業家とはかくの如し」と関心しきりなり。 翻訳記事から抜粋し短文を綴る形で再編集した。 ご一読あれ。続きを読む

アベノミクス⇔高橋是清 1ドル=120円で株価18,000円?

5)


グラフは2012年3月〜2013年5月三種類の数値を比較したグラフ。
「円資金の供給(マネタリーベース=MB)」
「円ドル相場前年度比騰落率」
「日経平均株価」

次の記述はグラフの掲載されていた産経関係の情報より引用である。
『円相場がグラフにあるようなトレンドでMB増加のテンポに追随するとすれば、年末には1ドル=120円台以下まで下がるとの予想も成り立つ。それに引き寄せられるようにして、株価は上昇を続け、年末は1万8000円台になるとの単純な見方も可能だろう。』
引用元: 【国際政治経済学入門】日銀マネーが動かすアベノミクス相場

私、素直に「アベノミクス」!の成功を願う一人である。
最近、読んだ本でもアベノミクスを、昭和金融恐慌から日本を復活させた「高橋是清」の政策と同じだとする記述もあった。

高橋是清のこと大変興味をもったので参考文献を探した・・・
高橋是清自伝 (上巻) 同 (下巻) (中公文庫)

日露戦争、資金調達の戦い: 高橋是清と欧米バンカーたち (新潮選書)

この二つは掛け値なしに価値がありそうです・・・続きを読む

歴史的使命!

『安倍さんお里帰りで憲法改正にふれる』とのニュースあり。

童謡「ふるさと」の一節を引き、
『私はまだ志を果たしたわけではない。
これからが私の仕事の正念場になってくる』とあった。

 ♪♫  志を 果たして
    いつの日にか 帰らん
    山はあおき故郷
    水は清き 故郷    ♪♫

しばし、私も「憲法」を真面目にお勉強・・・

昨年四月に自民党から出された『日本国憲法改正草案』には、私のような素人説明用に「自民党憲法草案のQ&A」というのがあります。
もし、諸兄もご興味あればこちらを読むことをお勧めする。

昨年(平成24年)4月、自民党アナウンスメント

その「自民党憲法草案のQ&A」に「国連憲章が認めている個別的自衛権や集団的自衛権・・・」という解説がある。続きを読む

あなたの褒め言葉、95%はスルー

「最近の若い者は・・・」というよく聞くセリフ?、
古代エジブトの遺跡にも、あったという・・・

古今東西、世代間の考え方に違いのあることは不変の事実。 
とはいえ管理職は部下を育成し、業績をあげることが使命なり。
部下の変化を気長に待つのではなく、(権限を持つ)上司が擦り寄るのが早道か?

以下、日経ビジネス記事に行動科学からのヒントあり。抜粋引用した

最近の若者は・・・続きを読む

「部下が上司に言っては行けない言葉」 ワースト10

日経ビジネスの記事から抜粋引用!
アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長 横山 信弘が上司と部下における、言い訳やそれに類する言葉を分析した結果が載っていた。

「部下が上司に言ってはいけない言葉」 ワースト10

部下が上司に言ってはいけない「勘違いフレーズ」 ワースト10

見込みのある部下の反論 ベスト10

これらは「大企業の社員の場合」だな。 そんな印象を持った・・・

続きを読む

「10年間ウナギ断ち」

今年の夏、ウナギを食べていない。
絶滅種指定もとの話があるので、江戸っ子のやせ我慢?

そうこうしている間に
7月22日(月)…夏の土用の丑
8月3日(土)…夏の土用の丑(二の丑)
も過ぎ去って行った。

妻はウナギが嫌い、だから私が言い出さない限り食卓にウナギが登場することはない。

やせ我慢のついでに、ウナギのことを考えてみた・・・・続きを読む

『半沢直樹』のこと

半沢直樹』を二週続けて見た。 
残念ながら最初の二放映は見逃していた。

原作は池井戸潤、直木賞作家なり。
『池井戸潤』の名前から、連想したのは(一作も読んではいないが)
『下町ロケット』だった。
それが銀行を舞台とする今回の作品にどうつながるのか興味があった。
調べるほどに『半沢直樹』への道筋が何となく判った。
そもそもの原点はそのデビュー作で、最初の文学賞受賞(江戸川乱歩賞)となった、『果つる底なき』(銀行の暗部に迫った小説)。

さらに調べると池井戸潤は、ゆっくり大学生活を送った後(文学部と法学部を卒業)、25歳で1988年三菱銀行(当時)に入行し、中小企業向け融資などを担当したと書籍紹介の略歴にあった・・・続きを読む

96歳の家出?

現金2800万円を持って家出していた北九州市の男性(96)が、中部国際空港で警察官に保護されたとのこと。
奥さん(87)とけんかして家出し、家族が捜索願を出していたそうで、男性は、どこかで一人で生活しようと大金を持って旅をしていたという。

あらあら、人のことはとやかく言うべきではないが、卒寿を越え百寿になろうとする人でも、家出するほどの喧嘩になるんだ・・・
続きを読む

隣国の世界一高いビル作り

中国・長沙で世界最高層ビル着工=838メートル、工期わずか10カ月

中国湖南省長沙市で7月20日、完成すれば高さ838メートルと世界最高になるビル「天空都市」の着工式が行われた。とのこと。

一方、我が国の代表的建設会社が主導するプロジェクトが日曜日放映の「夢の扉」で紹介された。グリーンフロート(GREEN FLOAT)(キリバスを舞台とするプロジェクトだ)

さて、相次いで話題性のある、建造物の計画を耳にしたが、今後の展開は・・・続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
資格取得
(「生まれ変わり」以降)
剣道四段('04.4)
居合道初段('04.9)
社会体育指導員初級('05.12)
Excel2級('06.2)
貿易実務C級('06.3)
居合道二段('06.4)
剣道五段('08.5)
社会体育指導員中級('09.7)
相続診断士('14.10)
剣道六段('15.5)
剣道錬士号('18.5)
記事検索
無料素材に感謝!
Sponsor
お問い合わせ
お問い合わせは こちら まで
メッセージ
Recent Comments
'05 絵手紙
'06 絵手紙