キャンドルの炎「剣道審査員の目」からの珠玉のアドバイス集です!
賀来俊彦師範)全日本剣道連盟審議員、大阪府警名誉師範
気剣体一致の打ちを生み出すのは手の内!
一見、いい構えをしているが打つと構えがみだれてしまう。それは竹刀を握っているからです。
握っている人は右手打ちになって、気剣体一致の打ちにならない。
つまり手の内が硬い人ほど手が先に動き、体が後になっています。
自然に待てば、構えが納まって応用無碍自在に動くことができます。・・・

中倉清先生は「橋を持つように竹刀を持っている」といわれました。
奥園先生は桐の木刀のお話があります。
桐の木刀は軽すぎて構えても無駄な力が入らず、手の内が自然に納まります。素振りをしてもまったく力を用いないで、左手で円を描くように振ることができます。
この感覚を失わないようにして竹刀操作を修練すると、右手打ちの弊害も完全に解消して心も平静になってきます。
手の内のできたる人のとる太刀は、心にかなう働きをなす」に到達できる。

剣は心なり、心ただしからざれば剣又正しからず、剣を学ばんと欲すれば、まず心より学ぶべし」と、島田虎之助は喝破しています。
心を学ぶとは、万物の根源を学ぶことでもあります。剣道修練の確立は、まず真実の自己を認識し、与えられた使命を達成することではないでしょうか。

柳生流の極意に「相手に勝つ方法は知らなくとも、己に勝つ方法は心得ている」という教えがありますが、つまり打とう打たれまいの執着から脱却して、人空法もまた空の境涯を求めよ、と言われているのです。
みな正師に就くことを考えていますが、次は自らも正師になることも大切だと思います。

斉藤正利先生のことばを大切にしたい「剣道は楽しいね。こんなに楽しいことやっているのに、なぜみんなはあんなに苦しんでいるのだろう。争わなければいいのに」(引用おわり)

「晩成」珠玉のアドバイス集を整理の理由