神社イラスト 

稽古場所: 鶴岡八幡宮研修道場
本年通算稽古回数: 回目

[居合年度目標]
年間稽古回数: 20回
段位挑戦:   二段

[コメント]
4月の二段受審に暗雲?! 
本日、先生より「二段を受ける人、昇段審査の稽古しましょう!」と他の2名の女性とともに、道場中央に集められました。
「それでは、1、3、5、6、7本目を演武してみてください、悪いところを直しましょう」とのご指示。
 小生「はずかしながら、私5本までしか覚えておりません」
先生「え?!二段を受けるんでしょう、神奈川県は自分で技の指定はできないんですよ!!」・・・

 本日、東京都(私が初段を取得した)と神奈川県(今回2段に挑戦する)の審査方法が違うことを初めて知りました。
東京都「制定居合いから4本、古流から1本の合計5本を演武者が自ら決め演武
神奈川県「制定居合いから5本が審査当日に指定され、これを演武する

ようするに、「全日本剣道連盟制定居合道形12本すべてを覚えていないと、神奈川県では初段も二段も合格しない」ということです。 格段に神奈川県の方が厳しい。

 先生より「間に合うかどうか、心して稽古しないとだめですよと」厳しいおことばをいただいた。 その後、6、7、8本目を特訓してくださった。 俄然意欲がわいてきた。 すると、不思議なもので、覚えも良かったようである。 
 
 とはいえ、4月はあっという間にくる、後一ヶ月余り、毎日何らかの方法で、居合のことを考え、刀に抜く機会を数多く持たねばならない。 受けるからには絶対合格しかない!