我が家は「真言宗」である。 しかしながら、都会で育った私、1996年3月21日に母が亡くなるまで、信仰心があるとは云いがたい状態であった。
海外赴任中にその死を知り、最も早い便で翌朝にカナダを出立するも、到着は翌々日23日すでに骸となった母に対面。
「親孝行したいときには親はなし」・・・実感した。

母の葬式後、親戚一同がお寺の広間で食事をともにした。同席していただいた「圓能院(真言宗 智山派)」のすでに引退されているご老師(ご住職のお父上)よりの法話あり。
「母上の命日は真言宗にとって特別な日、お大師さんの命日です。その弘法大師と同じに日に亡くなったのは母上の生前の徳行があったから。ご親族はこれからもこの功徳のおかげを被るであろうから幸せだ」と何よりのお話でした。

「弘法大師 空海」承和2年(835年)3月15日、高野山で弟子達に遺告を与え、3月21日に入滅享年62歳 満60歳没)。

 最近、身近に仕事で世話になった団塊世代の先輩たちが定年退職を迎えている。
中には、現在も「弘法大師」と「同行二人(どうぎょうににん)」の「四国遍路」を思い立つ先輩方もいる。

 ブログの自己紹介の趣味に「空海(素人)研究」としてある。
+両親が四国出身、親戚も真言宗が多い
 (八十八箇寺のうち、2寺は親戚)
+司馬遼太郎が「空海」が好きだった
+母の死後、仏教に関して多少の知識を得る中で「弘法大師」に畏敬の念をもった
などなど、いくつかの理由が混ざり合った結果である。

 私の浅薄な知識によっても、密教「真言宗」の考え方が現代社会で十分通用すると思うし、凡人を受け入れる間口は格別にひろい宗教であると思っている。

私流の方法だが理解を深める方法としてのアプローチ
NHKスペシャル「空海の風景」DVDを注文した!

自然体で真言宗を受け入れて生きたいと思っている。

なお、最近知るに及んだ「理趣経」はわが意を得たりである。 
如何に多少調べたことを記録に残す・・・
理趣経』は密教の経典である。主に真言宗各派で読誦される。
「大楽金剛不空真実三摩耶経」(たいらきんこうふこうしんじさんまやけい、大いなる楽は金剛のごとく不変で空しからずして真実なりとの仏の覚りの境地を説く経)というのが心地よい。
自性清浄に基づき人間の営みが本来は清浄なものであると述べているののが特徴。 このお経、その文言の表層のみ模倣することを恐れ、真言宗では「四度加行(★説明後記)」の修行を終えなくては伝授されない。
最初の部分である大楽(たいらく)の法門においては、「十七清浄句」といわれる17の句偈が説かれている。 「菩薩位」(菩薩の境地)を覗き見させていただきましょう!

妙適?淨句是菩薩位

慾箭?淨句是菩薩位

觸?淨句是菩薩位

愛縛?淨句是菩薩位

一切自在主?淨句是菩薩位

見?淨句是菩薩位

適??淨句是菩薩位

愛?淨句是菩薩位

慢?淨句是菩薩位

莊嚴?淨句是菩薩位

意滋澤?淨句是菩薩位

光明?淨句是菩薩位

身樂?淨句是菩薩位

色?淨句是菩薩位

聲?淨句是菩薩位

香?淨句是菩薩位

味?淨句是菩薩位

十七清浄句は欲望の単なる肯定であると誤解されたり、また欲望肯定=即身成仏であると誤解されたりする向きも多い。 したがって、『理趣経』は四度加行を実践して前行をしてからでないと伝授してはならないという厳しい規則がある。また『理趣経』の最後の十七段目は「百字の偈」と呼ばれ、一番中心となっている。真言僧は大欲(たいよく)を持ち、衆生の為に生死を尽くすまで生きることが大切であると説き、清浄な気持ちで汚泥に染まらず、大欲を持って衆生の利益を願うのが真言僧の務めであると説かれている。

「 四度加行」について
 やさしい仏教入門 > 修行 より引用 
■一般的な習い事では修業とも書きますが、仏教では修行と書きます。
■業を修めるのではなく、自分の行いを正し、修めるからです。
■修行にあたるサンスクリットの原語にはくり返して身につけるという意味があります。

修行には、じっと座る坐禅から山を巡る回峰行まで、いろいろあります。また、托鉢たくはつなどをして、全国の霊場を巡拝するのも修行と呼ばれています。

修行は、仏の悟りを得ること=苦を滅した境地に至ること、を目的として行われます。そこで、まず生活の規律を身につける事から始まります。そして落ち着いた心で真理の観察をして、智慧を得るために、色々な方法が取られます。
時には荒行とか苦行といわれるような、苦痛をともなう修行もあります。方法は各宗派ごとに体系化され、特徴を持っています。

<ヨガ=瑜伽ゆが>
健康法として知られるヨガは、インド古来の代表的な修行法です。ヨガはサンスクリット語で、瑜伽ゆがと音写します。相応する、結びつける、という意味です。精神の集中によって心を制御することから、自分と仏様を結びつける修行法として仏教に取り入れられました。

たとえば密教では、印を結び、ご真言をとなえ、仏様を観想する修行があります。これを三密瑜伽といいます。

<加行けぎょう> 教僧の基本的修行
加行という名称は、修行全般をさす場合と、準備段階的な修行をさす場合があります。

密教では、伝法灌頂でんぼうかんじょうを受ける為の基本的行として加行があります。密教の加行は、十八道、金剛界、胎蔵界、護摩の4種で構成されているので、四度加行しどけぎょうとも呼ばれます。日数は宗派により異なり、30日から100日位。

「四度加行」の必要のない悟りを得ている方で、、「十七清浄句」といわれる17句偈の意味を知りたい方は、次のサイトから