300px-Amalfi02「これ良さそう,イタリア名所が数々登場するし・・」
そんな妻の話から平日の夜、映画鑑賞に出向く。
プロモーション映像

夫婦50歳以上鑑賞すると一人千円!
この特権を久々に利用した。

失礼ながらそれほど期待していなかった。
否!作品は予想外に素晴らしく嬉しい誤算となる。
平日の夜に、行ったのが良かったか、映画館はガラガラ。

アルバムセールスが1500万枚を超えるという
「サラ・ブライトマン」の「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
これが映画の主題歌。

しかも「サラ・ブライトマン」も映画に登場して、
「ガゼルタ宮殿」を舞台に歌うという豪華なシーンもある。

「サラ・ブライトマン」! 
ミュージカルをこよなく愛す我々夫婦にとり特別な存在。
「オペラ座の怪人」で「クリスティーヌ」役の歌声忘れがたし。
当時夫君であった「アンドリュー・ロイド・ウェーバー」が
彼女のために作った名曲の数々だ。

映画のロケーション場所となったイタリアの名所は
すべて世界遺産という、これも贅沢な。 
余りにも名所旧跡遺産が多すぎるというイタリアのすごさ。

タイトルとなっている「アマルフィ」というところ、
初めて知ったがいいですね。
歴史的な繁栄を調べたら、もっともっと好きになりそう・・
サレルノ湾に面するアマルフィ海岸・・・
Googleの画像検索で「"Costiera Amalfitana"」とインプットしてみてください。
投稿の冒頭に掲載した画像がてんこ盛りで鑑賞できる!
私の絵心を擽ってくれるなあ・・・ 

60代で、イタリア旅行を実現の折は、是非ここも加えたい。

でも、そうなると初訪問または再訪したい先が
「ベネチア」「フィレンツェ」「アマルフィ」
こんな都市を組み合せた、格安ツアーは無いだろうな・・・

ヴェネツィア

フィレンツェ

アマルフィ
アマルフィ海法に関する著作