食事のこと。
いつも必ず行くのは「百済参鶏湯」というお店。

お店に三千人女官を相手にした「百済義慈王」も召し上がった「参鶏湯」と宣伝あり。
そもそもこの料理の起源は? と興味が湧いた
Wikipediaの「参鶏湯」の項に、文献登場は1920年代と記述あり・・・あれ新しい料理??

ところで「百済」は高句麗に対抗するために倭国と結ぶ、と歴史の教科書にありましたね。

ついでに、歴史のおさらいも少ししてみました・・・
過去の百済の記録を多く採用している『日本書紀』の雄略紀によれば、高句麗に漢城を攻め落とされた時に百済は一度滅び(475年)、その後(477年)に雄略天皇が百済王に熊津の地を賜って国を再興させたとある。

660年、唐の蘇定方将軍の軍が山東半島から海を渡って百済に上陸し、百済王都を占領した。
義慈王は熊津に逃れたが間もなく降伏して百済は滅亡した。

百済滅亡を知った倭国でも、百済復興を全面的に支援することを決定。
ついに663年倭国の水軍は白村江(白馬江)で、唐との決戦に及んだ(白村江の戦い)。
これに大敗した倭国は、各地を転戦する軍を集結させ、亡命を希望する多くの百済貴族を伴って帰国させた。

百済と倭国の外交関係は、高句麗・新羅に比べて友好的であった。
<以上Wikipedia記述より>

今回の「参鶏湯」は熱々で登場! その場面映像で紹介しましょう!


s091215百済参鶏湯新メニューs091215百済参鶏湯 今年は熱々s091215百済人参鶏湯13000Won