六月初旬、北軽井沢へ小旅行。

陶芸家「山口洋史氏」のギャラリー「美土里の洞(みどりのほら)」を訪問。

残念ながら訪問した時、ご本人は不在、奥様が親切に作品の紹介をしてくれた。

たいそう夫婦で気に入り、迷った末に二点購入。

私が気に入って、お小遣いで写真の小品を手に入れた。
オブジェとしても面白い。
私には「三日月お月さまの横顔のように見えた」
構造は、中が空洞で、裏に引っ掛けがあり、一輪挿しとして使える。

作家の奥様が教えてくれた。
『主人は変なものたくさん集めているんです。時計の小さな部品とか

この作品は、奥さんのいう、変な蒐集品を押し付けて模様を描いている。
二枚目の写真をご覧いただくとそれがわかる。

奥様弁では作家ご本人もこ作品はお気に入りだったそうで、
しきりに『これいいだろう』とその出来映えを自賛していたとの事。

私とも話が合いそう・・・次回の訪問が楽しみだ!
da67f909.jpg
bb2e28b3.jpg
902c4e67.jpg