密かに「自転車」の購入を画策している。
ここにに書くと、妻の人脈においても、私のブロク購読者(観察者?)がいるので、公然の秘密となってしまうが(笑)

まあ、いい。
自転車は部屋に置くことを想定しているし、ハードルは他にも幾つかあるのだから、先ずは買うぞと覚悟を決めることが大切だ。

今日は、これからのハードルはさて置き、楽しい事を考えよう!

何を買うか?!
雑誌を二〜三冊買い、情報収集した。
私が欲しい分野の自転車メーカーあるある。
(過去投稿あり)
高額品中心のものは、初心者の私としては、とりあえず対象外とした。
一流でツールドフランスを走る高級品から、廉価品も用意しているところを探した・・・

GIANTにしよう!
http://www.giant.co.jp/giant12/

他にも選択肢はあると思うが、ここは敢えて決断だ。

「GIANTは自転車のTOYOTAですよ」
会社の同僚はそう評した。
先ずは、自転車のTOYOTAで車種の選別に掛かろう。

(余談)
GIANTというメーカーのこと。
うなぎの養殖業者であった劉金標が1971年に自然災害で被害に遭い養殖施設が壊滅、起死回生の一策として自転車部品製造に進出して始まった。当初はOEM生産のみで年間生産台数も2000台に満たず、何度も倒産の危機に見舞われた・・・。

手頃な価格帯の製品に強みを持つ同社であるが、Tig溶接のアルミフレームやカーボンフレームの製造に関しては世界屈指の技術力を持つ。高度に機械化された生産ラインは同社の最大の特徴で、低価格高品質な製品の製造を可能にしている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャイアント・マニュファクチャリング

災害復興支援マウンテンバイク 寄贈のご報告 (2011.05.31)
http://www.giant.co.jp/information/88