最初はお祖父さんが『こんな曲(草競馬)を聴かせてくれた』
そして、どんどん上手になり『ロッシーニ』まで・・・
満員のカーネギーホールでの『ウイリアムテル』は圧巻である。
その演奏は次のタイトルで後記リンク先にあります。

BUDDY GREENE CLASSICAL HARMONICA, CARNEGIE HALL

そもそもこのサイトに行き着くきっかけは、Facebookでクロマチックハーモニカなる高価な(5〜6万円するらしい)ものを気に入っている御仁の話から、ここへゆきついた。
Buddy氏が使っているハーモニカはそれほど高価なものではなく、日本でも入手可能なようだ。
HOHNER/ホーナー ブルースハープ ゴールデンメロディー 542/20 key:G

HOHNER/ホーナー ブルースハープ マリンバンドクラシック 1896/20CL key:C

Buddyのホームページに合ったハーモニカに関する解説。
I use and endorse Hohner harmonicas. The diatonic models I use include: Golden Melody, Marine Band, and Meisterklasse, and one Special 20 that's been factory tuned to a D harmonic minor (used on "Bubba, The Wandering Gypsy", Harmonica Anthology). I sometimes use re-tuned diatonic harps with the 5th hole draw note raised a half step for more melodic playing in 2nd position (more on this later). I also have three Chromonica 270s, in keys of A, C, and G, and a Toots Thielemans Mellowtone chromatic in the key of C, and a couple of 64 Chromonica 280s, one of which is an old antique.

BuddyGreeneHomePage

追伸) 本日、出張! 新幹線車中でブログ記事を書いた。
iPadもここち良い振動と相性は抜群。
無線LAN快適なり。
窓側のコンセントを独占中。
近畿方面への出張は、今後新幹線に決めた!