高橋由一の作品を数年前に観た?!
闇夜に月の光が照らし出す景色、じっと眺めるとうっすらとわかる、小舟に乗る人が極めて印象的だった。
その時、私の記憶には「高橋由一」という名前が確かに刻まれた。

その後、作品を見る機会がないまま、連休中に本屋で新書本「高橋由一−日本画の父」に遭遇したわけだ。

確か・・・栃木に行った折、市内の美術館で観た様に記憶していたのだが・・・

「驟雨図」(1877年(明治10年)ごろ 栃木県立美術館)
良い作品だが、私の探しているのではない。
http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/collection/detail/0079.html

また次のサイトに那須野が原博物館に油彩画《鑿道八景》の8点と宮内庁の小図である《栗子山隧道図西洞門》1点があるとあったが、これらも私の記憶にある絵ではないようだ。
http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/t061029/index.html

どうにもネット検索をあきらめて、画像検索!ヒットした次だ!!

「中州月夜の図」 (宇都宮美術館)
http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/d/a/c/dachsholic/20100117_12.jpg
ブログの主に感謝! この方も、この絵に感動している。
http://dachsholic.blog116.fc2.com/?tag=%C8%FE%BD%D1%B4%DB

こちらも「金山平三」作品と同じように実物を見なければ価値はわからない類の、絵画だと私は思っている。

「高橋由一」人物相関図
http://yuichi2012.jp/highlight.html