剣客商売にハマった!
池波正太郎の存命中に、新しい物語の発刊を楽しみにして、読み進すまれた本当のファンに比べ、私のように後からまとめ読みできるものには、快楽の度合いが濃過ぎて、身体に毒ですな〜

私は今、通勤電車に揺られながら、ビルの谷間を歩きながら、頭の中では完全に秋山小兵衛の分身となり世の中を、男を、女を、観察している。


そして、剣客を三分の一ほどしか、読み進んでいないのに・・・欲望に際限なし。鬼平も身近に置かないと快感が切れてしまう。
そんな訳のわからない、衝動に導かれるまま24冊全巻をオークション即決落札。古本にしては十分満足。これでしばらくは、快感を持続できる。と悦に入る!

まるで子供です!

いやいや、子供の時より、小遣い多いから始末におえねえや(笑)

923a6564.jpg