imageimage
最もチープな「のびのび座席」が今回の旅の主役。
規定の特急料金に510円プラスで指定席が利用できる。
座席とあるが、フラットな一畳弱のスペースを独占。
極めて快適なり。インターネットでは予約ができず窓口購入。
iPadの地図でどこを走っているか表示して想像を巡らせる。
闇夜を走る寝台列車の旅を満喫した。
岡山で乗り換え、ローカル線の車中よりブログを投稿した!

サンライズ瀬戸/出雲
列車番号 5031M 4031M(サ出雲)
<運転区間> 東京→高松/出雲市
<停車駅・発着時刻>
東京 22:00発→横浜22:23着22:24発→熱海 23:21着23:23発→沼津23:39着23:40発→富士2353着2354発→静岡0:19着0:20発→浜松1:11着1:12発→姫路5:25着5:26発→岡山6:27着

私は横浜から岡山まで乗車した。
列車は岡山で連結が切り離され、出雲と高松へと向う。

のびのび座席(指定席料金510円) 
 寝台料金いらずの指定席料金だけで利用できる超格安座席。
室内は長距離フェリーなどの座敷(カーペット)席のような雰囲気で、上下段の2段構造。隣の区画とは素通しだが、頭の部分だけは区切られている。自分専用のカーペット空間は若者たちにも人気とのことで、事実私の隣は若いお嬢さんでした。私のようなおじさんもいるし、家族連れもいましたね。

(A寝台シングルデラックス13550円) (B寝台サンライズツイン14700円)(B寝台シングル7350円)(B寝台ソロ6300円) これらも今度利用して見たい!

「サンライズ出雲・瀬戸」は、昔ながらの寝台ではなく、1人と2人用の個室になったもので、プライバシーの確保も万全。さらには指定席扱いのカーペット席まであるという多彩な寝台列車。

http://www.toretabi.jp/travel/shindai_vol01/01.html
http://www.toretabi.jp/train/vol04/01.html
http://www.toretabi.jp/travel/luxury_vol02/01.html
http://www.toretabi.jp/travel/luxury_vol03/01.html