凄いですね。
なぜ、凄いのが解らない方は、ちょっと不勉強だと思いますぞ!

次の番組案内をご覧あれ!
無料通話&メールで沸騰!"LINE"秘めた実力

番組では1億人突破が最速と言っていたのが、あっと言う間に50%増加したんですよ。

LINE株式会社のホームページの広報
スペイン・南米での利用拡大に加え、アフリカ等の新規市場にも本格的に参入。サービス公開から約23ヶ月で達成!・・・

グローバルに大活躍の様相?
ガラパゴスで培った、ノウハウが世界に羽ばたいているように思えます。

Line株式上場か?との情報もくすぶっているようだし!
買えるなら、波乗りの勢いで購入するかなぁ・・・
利用状況(Wikipedia記述)
2013年1月18日に、ユーザー数が1億人を突破したと発表された。その背景には容易な登録方法。電話番号のみという単純さに加え、1対1のコミュニケーションが、facebookなどオープンSNSになじめないユーザーの心もとらえたことも大きな要因。

民主党政権下の2012年10月5日、首相官邸の公式アカウントが開設された。行政機関によるLINE公式アカウント導入は初の取り組みだった。内閣官房・内閣広報室IT広報アドバイザーの「いしたにまさき」によると、若い世代に情報発信をするツールとして導入を検討していたところ、LINE社側からも提案あり、「互いの認識をすりあわせ」導入に至ったという。首相官邸のアカウントは内閣官房内閣広報室が運用している。また第46回衆議院議員総選挙後の自民党政権下でもLINEの首相官邸アカウントは運用されている。2013年4月16日、公明党が党の公式アカウントを開設。利用者がアカウントを登録すれば党の情報が受け取れる。

タイ王国の警察で導入され、メッセージや写真をやりとりできる機能が、犯罪捜査や交通取り締まりに生かされている。中東で利用者数が急増しており、各国のApp Store無料アプリランキングでも1位を獲得。スペインや南アメリカの各国でユーザーが急増し、ソーシャルネットワークカテゴリの無料ランキングで1位を獲得。