ゴッホは存命中、一枚も売れず、極貧。ゴ―ギャンもなかなか売れなかった。
「君が天才を名乗るなら君は天才になる」(ダリ)
食うだけならとにかくハッタリがきき空気を読まない奴が勝ちます。稚拙であればあるほど売れます。
本物でも売れる人はいますが苦労はしますね。横山大観ですら苦労したようですから。
「人生」で成功するには何事もコネクションがキーワードだと思います。日本語では「ご縁」と称する世界です。
美術の世界でも同じ、ヨーロッパの過去の有名画家も、画商の腕、コネクションが重要でした。結局、最初のきっかけは、人と人との一期一会が重要ということは美術の世界でも同じですね。
素人画家、週末画家で十分と思っているが、私でも世界を目指す道があるかどうかいちよう探ってみた・・・

絵の世界で自らの存在をどこに置くか?
思案のしどころである。「国内派」か「国際派」
アートシーンでも独学で有名にはなれるのだろうか?

「国内派」はサラリーマンの引退組で、身近な存在あり。
「〇〇会に所属しています」「〇〇展で入賞しました」という世界。

「国際派」は、アートバーゼル★などの海外催事に出品する人たちのことだそうだ。東京芸大の博士課程など出た人々が多く闘っている世界とも言われる・・・

でも、アート・バーゼルのブランド化で収益目的の人も多いのではないだろうか?
https://www.artbasel.com/
商業的に大成功した村上隆氏。
KAIKAIKIKIでは全くの絵の初心者をアーティストとしてデビューさせることもやっている会社だそうだ。絵描きが実業の世界に踏み込んだ?でしょうか。

絵画の世界で「大器晩成」はいないということが言われるそうです。
絵の世界で全く自分を表現したことの無い、私はサラリーマンとしては大器晩成型と願っているが、絵の世界ではまだ幼児期と言ってもいいだろう。

もう一度、じっくり考えて見たいと思う。
絵が上手というのは何を意味するのか?
芸術家とは何を意味するのか?

以下、私用の参考情報
(現代アートフェア)
アート・バーゼル(Art Basel)
スイスのバーゼルで開催される第44回アート・バーゼル(6月13〜16日 )とは、「アート・バーゼル」という名称のもとに行われる様々な以下のようなイベントを含むもの。
アート・アンリミティド(Art Unlimited)は、巨大なサイズのアートの展示。今年は79点の作品が出品される。
アート・パークール(Art Parcours)は、有名な作家ないしは新人による屋外でのインスタレーション。
アート・フィーチャーズ(Art Features)では、専門家が企画したプロジェクト、ないしはテーマによる展示が行われる。
アート・バーゼル・コンベルサシオン(Art Basel Conversation)は、アート界の中心的人物によるパネル討論会。
アート・フィルム(Art Film)は、アーティストによる映画作品、またはアーティストを主題にした映画作品の上映会。

デビューしたいという意思(お金と暇)のある、人に機会を与えてくれるところもある。

麗人社(スペイン・フランス)
http://www.reijinsha.com/company.html
「ル・サロン」(フランスで長く続く歴史ある公募展)
フランス ル・サロン 概要
Le Salon des Artistes Francais
主  催 フランス芸術家協会
会  期 毎年11月(約1週間)
会  場 グラン・パレ(パリ、シャンゼリゼ)
審  査 審査員:フランス芸術家協会による写真(プリント)審査
賞 各種あり
応募審査料 非会員:20,000円、ル・サロン会員:10,000円 (先着50名様まで)
50名様を超え次第、通常応募料(非会員:40,000円、ル・サロン会員:30,000円)となります。
入選した場合は、作品輸出入輸送費、梱包費、日本側、現地側搬入出にかかる出展実費を別途申し受けます。(10〜50号のサイズ別となります。)
<入選し、出展しない場合は、ル・サロンの規則において入選が取り消されます。>
油絵は30号以上となります。
立体作品は、現在麗人社では受け付けておりません。
応募予定人数を超えた場合、また稀に作品内容によってお断りさせていただく場合がありますのでご了承願います。
ル・サロンでは4月に審査が開始されますので、翻訳等のため日本での応募締切は2月末を締切りとさせていただいております。

次のようなのものもある。
2013年度 第20回雪舟国際美術協会展 概要
The 20th Sesshu International Art Society Exhibition

主  催 一般社団法人 雪舟国際美術協会
後  援 文化庁/東京都
雪舟画頌宣揚会/雪舟賞制定委員会
NPO法人全国身体障害者・高齢福祉協議会
中国・中国美術学院/中国・浙江画院/中国・曹州書画院
中国・浙江省文化芸術発展有限公司
中国・寧波市藝雲堂文化交流中心
協  力 益田市雪舟顕彰会
会  期 2013年12月11日〜22日(12月17日は休館日)
時  間 10:00〜18:00
会  場 東京六本木・国立新美術館
審  査 審査員による会場審査、及び写真審査
賞 大賞、準大賞、特選、文部科学大臣賞、東京都知事賞他各種あり