津山のみこし

妻の田舎の、何とも立派なお神輿。
台風一過、秋祭り晴天で良かったですね。
M家のY君、1トンの重さのお神輿は担ぐの大変だったでしょう。
お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

神輿のいろいろ

神田市場(江戸神社)の千貫神輿
歴史は浅草昭和33年の建造です。担ぎ手は200名が必要だそうです。

千貫神輿(せんがんみこし・せんかんみこし)は、祭礼などで使用される神輿のうち特に大きいものをいう。「千貫」の貫は、重さの単位であり現在では約3.75kgに相当し、千貫で約3750kgとなるが、例えて大きく重いという意味となり、特に大きな神輿のことを「千貫神輿」というようになった。戦前より都内最大級を誇る浅草・鳥越神社の御本社神輿が、元祖千貫神輿として有名。