私、腰痛のこともあり、自転車を交通機関とすることに興味がある。
そんなわけでお手本になる都市がないかと探していた所「ポートランド」を発見した。

アメリカ合衆国のポートランドは示唆に富んだ都市設計を長年行ってきたという。
ポートランド都市圏の交通機関は、米国内の他の主要都市とおおかた共通しているが、特徴的な点として、通勤者が交通機関の選択肢を複数持てるような街作りを行なっていることだそうです。

ポートランドは都市サイクリングを推進していることもよく知られ、全米サイクリスト連盟(League of American Bicyclists)から「自転車に優しい道路網などの街作り」で随一の評価を得ている[76]
76 http://www.bikeleague.org/media/press
また、自転車に優しい都市として世界的にも指折りの評価を得ている[77]。
77 http://www.virgin-vacations.com/11-most-bike-friendly-cities.aspx
自転車交通同盟(Bicycle Transportation Alliance)は毎年、自転車通勤チャレンジという大会のスポンサーを務めており、この大会では通勤車が通勤に自転車を使う距離と頻度を基づいた評価と賞を求めて競い合う[78]。
78 http://bikecommutechallenge.com/oregon
職場に自転車で通う人々の割合は全体の8%で、この数字はアメリカ国内の主要都市の中では第1位、国内平均のおよそ10倍にも達する[79]。
79 http://online.wsj.com/news/articles/SB124242099361525009

『グリスト』誌によれば、ポートランドはアイスランドのレイキャヴィークに次ぐ世界第2位の「環境に優しい都市」である[91]。2010年には、Move.comにおいてポートランドは全米のグリーンな都市10傑に1つに選ばれている・・・
91. ^ “Grist 15 Green Cities”. Grist Magazine Online. 2007年1月2日閲覧。

続きを読むに重複ありですが、Wikipediaよりの引用が続きます。
一部のポートランド市民は、通勤に公共交通を利用している。2008年の時点では、ポートランドに住む12.6%の通勤者が公共交通を利用していた[74]。TriMetは、この地域のバス交通網のほとんどを運営するほか、都心と郊外を結ぶライトレール・システム「MAX」(都市圏急行 Metropolitan Area Expressの略)を運営している。ウェストサイド・エキスプレス・サービス(WES)は、2009年2月に開通したポートランド郊外西部の通勤鉄道で、ビーバートンとウィルソンビルを結んでいる。ポートランド・ストリートカー南北(NS)線(2001年開通)は、ポートランドのサウスウォーターフロント地区からポートランド州立大学を通って市北西部の住宅街や商店街を結んでいる。

1975年から2012年8月31日までは都心部の公共交通は無料で乗ることができたが、2012年にトライメット役員会でフリーレイルゾーン(旧称フェアレス・スクエアー)の廃止が2012年9月1日付けで決定された。

ポートランドは都市サイクリングを推進していることでよく知られ、全米サイクリスト連盟(League of American Bicyclists)から「自転車に優しい道路網などの街作り」で随一の評価を得ている[76]。
76 http://www.bikeleague.org/media/press
また、自転車に優しい都市として世界的にも指折りの評価を得ている[77]。
77 http://www.virgin-vacations.com/11-most-bike-friendly-cities.aspx
自転車交通同盟(Bicycle Transportation Alliance)は毎年、自転車通勤チャレンジという大会のスポンサーを務めており、この大会では通勤車が通勤に自転車を使う距離と頻度を基づいた評価と賞を求めて競い合う[78]。
78 http://bikecommutechallenge.com/oregon
職場に自転車で通う人々の割合は全体の8%で、この数字はアメリカ国内の主要都市の中では第1位、国内平均のおよそ10倍にも達する[79]。
79 http://online.wsj.com/news/articles/SB124242099361525009

カーシェアリングは、ZipcarやU Car Shareを介して、ポートランド市内や近郊の住民が活用している。ポートランドには通勤用のケーブルカー「ポートランド・エアリアル・トラム」があり、ウィラメット川沿いのサウスウォーターフロント地区とオレゴン健康科学大学のマーカムヒル・キャンパスを結んでいる。
74. ^ “American Community Survey 2006, Table S0802”. U.S. Census Bureau.Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
75. ^ Trimet website
76. ^ “League of American Bicyclists * Press Releases”. Bikeleague.org. 2008年10月6日閲覧。
77. ^ “11 Most Bike Friendly Cities in the World – Bicycle friendly cities”. Virgin Vacations. Virgin Airlines. 2009年6月18日閲覧。
78. ^ Bicycle Commute Challenge information
79. ^ 'Youth Magnet' Cities Hit Midlife Crisis The Wall Street Journal. Retrieved on 2009-06-14.


開発と計画
ポートランド市は、早くも1903年に都市計画家との相談を交わしている。ワシントンパークと、国内屈指の優れた緑道であり市内の多くの公園を結んでいる40マイル・ループは、この時に開発が始められた。
ポートランドは、都市利用計画の強い統制が布かれていることで、しばしば引用される[8]。これは、トム・マコール知事が1973年に行った州規模での土地保全政策(特に州内の全ての都市および都市圏に「都市成長境界」が策定されたこと)に因るところが大きい。この対極にある、統制がほとんどない都市の例としては、テキサス州のヒューストンが有名である[84][85][86][87][88]。

ポートランドの都市成長境界は1979年に策定され、伝統的農業地(非農業的開発は厳格に制限されている地域)と都市化地域(高密度開発が集中的に推進される地域)が明確に区別された[89]。当時、州間高速道路沿いの都市や郊外・衛星都市の開発が進み自動車の利用が増していく中で、多くの地域で中心都市の衰退を引き起こしており、このような時代においてオレゴンの政策は異質なものだった。
人口が増加し、都市成長境界内の未開発地域が減少していくにつれて、都市成長境界の規制緩和の動きが見られるようになる。ワシントン郡にある主要企業であるナイキとインテルは、この規制緩和への圧力を援助した。

もともと州の規定では、都市成長境界を拡大する予定を盛り込んでいたが、この拡大が実際に行われていないとして批判を呼んでいた。1995年、州は今後20年間の宅地開発を成長させるため都市成長境界を拡大し、十分な未開発地域を与えるとする法案を通過した[90]。

ダウンタウンの開発で重要な役割を担う準公的機関として、ポートランド開発委員会がある。この委員会は1958年、市の再開発機関として有権者により設立された。委員会は市域内の住宅・経済開発計画を立ち上げるほか、現地の大規模なプロジェクトを抱えるデベロッパーの後援を行う。
1960年代の初め、ポートランド開発委員会は、I-405高速道路、ウィラメット川、4番アベニュー、マーケット通りに囲まれた、大規模なイタリア系ユダヤ人街の解体を推し進めた。

1970年代にニール・ゴールドシュミットが市長に就任すると、夕方5時を回ると閑散となっていたダウンタウンに住宅回帰の動きが見られるようになる。この動きは、その後30年間にわたって影響を及ぼし続けており、ダウンタウンの3地区(ポートランド州立大学の北側一帯、川沿いでマーカム橋の下に広がるリバープレイス地区、都心にあるパールディストリクト地区)に数千の住宅が建てられるようになった。
ポートランド州立大学地理学科地図研究センターに附設する都市緑地研究所は、建築物と自然環境のよりよい統合を推進するための研究所であり、都市公園、トレイル、自然地域の計画問題について局所・地域の両レベルから研究を行っている。

『グリスト』誌によれば、ポートランドはアイスランドのレイキャヴィークに次ぐ世界第2位の「環境に優しい都市」である[91]。2010年には、Move.comにおいてポートランドは全米のグリーンな都市10傑に1つに選ばれている[92][93]。
84. ^ “How Houston gets along without zoning - BusinessWeek”. Businessweek.com. 2008年10月20日閲覧。
85. ^ Sherry Thomas, special for USATODAY.com (Posted 10/30/2003 12:20 PM).“USATODAY.com - Houston: A city without zoning”. Usatoday.com 2008年10月20日閲覧。
86. ^ Author: Michael Lewyn. “Zoning Without Zoning | Planetizen”. Planetizen.com. 2008年10月20日閲覧。
87. ^ Robert Reinhold (Published: August 17, 1986). “FOCUS: Houston; A Fresh Approach To Zoning - New York Times”. Query.nytimes.com 2008年10月20日閲覧。
88. ^ “'The only major U.S. city without zoning' - Houston Business Journal:”. Houston.bizjournals.com. 2008年10月20日閲覧。
89. ^ Statewide Planning Goals. Oregon Department of Land Conservation and Development. Retrieved December 23, 2007.
90. ^ “Comprehensive Land Use Planning Coordination”. Legislative Counsel Committee of the Oregon Legislative Assembly. 2006年11月7日閲覧。
91. ^ “Grist 15 Green Cities”. Grist Magazine Online. 2007年1月2日閲覧。
92. ^ Sienstra (2010年3月24日). “Top 10 greenest cities: Portland makes the cut”. The Oregonian 2010年3月24日閲覧。
93. ^ Kipen, Nicki (2010年3月24日). “The Top 10 Greenest Cities”. Move.com.2010年3月24日閲覧。