★生まれ変わりました★ 

☆過去の呪縛から解放され "生まれ変わりました" 30歳(前世通算80歳)で心身ともにすこやかでありたいと願う!「転生記念日: 2013.9.2.」☆ 晩成(雅号) 敬白

WebLog

日本ブログ村に加入

「にほんブログ村」は平成17年(2005年)2月1日に旅行ブログとしてスタートしたそうだ。その「にほんブログ村」に初めてメンバー登録があったのはOPEN10日後の2月11日とのこと。(OPEN後10日間メンバー登録は1人もありませんでした)

平成20年(2008年)8月2日「にほんブログ村」の登録メンバー数が20万人を超え、
平成21年10月3日時点で356,618人がランキングに参加している。

「にほんブログ村 建国宣言」というのがあることを知った。
趣旨を読み、私も賛同者になった。

先日、2回目の拙い「ブログ教室」にも拘らず、7名もの参加者があった。
次の会も予定されている、教えることは学ぶこと、参加者はすべて私より年上の方、
だからもう少し今後のお手助けが必要だろう。

その後のフォローとして、わからないことがあったら、「どうぞ遠慮なく聞いてください」と言いたいところだが、メールや電話でのサポートは隔靴掻痒でお互いにストレスがつのるばかりなので、こちらから積極的にお声を掛けていない。

やはり、間をおきながら、3回シリーズぐらいでやるのが良いのだろうと思っている。

話を戻し、本題の「ブログ村」のこと。
趣旨は、極めてマニアックな仲間同士を縁結びすることも意図しているようだ。
私のような「支離滅裂」でテーマのはっきりしないブログはランキング上位は期待できない。

しかし、多少でもランキングを上げてみたい、その構造なりを調べそれなりの成績までもっていこうと思っている。

まずは、マイページの充実が不可欠のようだな・・・

「にほんブログ村 建国宣言」 ほか調べたことは 続きを読む へどうぞ!続きを読む

ブログをより良くする

ネット上でブログ教室を主催した、反応は極めて鈍いのだが、
私自身として、今回自分のブログライフを見直す上で極めて有益。

以下は、ブログの参考書籍を紹介する中で秀逸だと思ったアドバイスである。


【ブログをより良くするには】

名前と検索エンジン 
 ブログタイトルは個性的で検索エンジンにヒットし易いものを選べ

始める前に山ほど他人のブログを読め  
 自分が挑戦するテーマに同類のものがなければ、あなたのブログ価値も貴重な存在に

焦点を絞って単純に  
 ひとつの投稿にはひとつのことを言う 

情熱を示せ  
 やはりこまめな投稿が大切

正当性を示せ  
 「自分の良く知っていうこと」「真摯に取り組んでいること」をブログにする

コメント機能を忘れずに  
 良きブログは会話である!

近づきやすくせよ   
 直接メール連絡の窓口も設けておく

物語をせよ   
 人の興味を引き付けるあなたの物語を語れ

リンクをうまく使え  
 有効なリンクを張り、読者にとって最高の情報源になる

現実の世界に踏み出そう  
 ネットで同好の仲間と、現実に集うことも検討を

リファイラーログを使おう  
 誰があなたのブログを訪問しているか知る

「ブログスフィア ― アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち」より
抜粋引用し、晩成がコメント・説明を加えました。

【参考図書】
ぜったいデキます!無料ではじめる超かんたんブログ ― パソコン楽ラク入門
ブログ」入門―50代にもよくわかる
超簡単!ブログ入門―たった2時間で自分のホームページが持てる
ブログ スフィア―アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち
原書名:Naked Conversations:How Blogs Are Changing the Way Businesses Talk with Customers(Scoble,Robert;Israel,Shel)

GREEの友達!

数年前、まだSNSがそれほど世に浸透していなかった時、
ある方のお誘いで「GREE」の世界に導かれた。
そこで二人の方と、ネットの世界で友達となりました。
今日はそのお一人の方へ、誕生日おめでとうと送ったところ、
粋な返答を頂戴したので、ご紹介まで!

♪皆さんの素敵な誕生日メッセ♪
☆本当に、ありがとうございます☆

昨日は、GREEでの、3回目の誕生日になりました♪♯♭

一斉返信で恐縮ですが…皆様への感謝として…
今年も、坂村真民の言葉を御礼に贈らせて頂きます☆★☆

二度とない人生だから(坂村真民作)
      
    二度とない人生だから
    一輪の花にも
    無限の愛を
    そそいでいこう
    一羽の鳥の声にも
    無心の耳を
    かたむけていこう

    二度とない人生だから
    一匹のこおろぎでも
    ふみころさないように
    こころしていこう
    どんなにか
    よろこぶことだろう

    二度とない人生だから
    一ぺんでも多く
    便りをしよう
    返事はかならず
    書くことにしよう

    二度とない人生だから
    まず一番身近な者たちに
    できるだけのことをしよう
    貧しいけれど
    こころ豊かに接してゆこう

    二度とない人生だから
    つゆくさのつゆにも
    めぐりあいのふしぎを思い
    足をとどめてみつめてゆこう

    二度とない人生だから
    戦争のない世の
    実現に努力し
    そういう詩を
    一篇でも多く
    作ってゆこう
    わたしが死んだら
    あとをついでくれる
    若い人たちのために
    この大願を
    書きつづけてゆこう


寒さが厳しい時期…クリスマス、年末年始と多忙な時期となります­が…
くれぐれも体調に留意され、心豊かにすごされますことを祈念­して、皆様への御礼の言葉とさせて頂きます☆★☆

Wikipediaより引用
坂村真民(さかむら しんみん、1909年1月6日 - 2006年12月11日)は日本の仏教詩人。熊本県荒尾市出身。本名昂(たかし)。
一遍の生き方に共感し、癒しの詩人と言われる。熊本県立玉名中学校卒業、神宮皇學館(現:皇學館大學)卒業。愛媛県砥部町に「たんぽぽ堂」と称する居を構え、毎朝1時に起床、近くの重信川で未明の中祈りをささげるのが日課であった。詩は分かりやすいものが多く、小学生から財界人にまで愛された。特に「念ずれば花ひらく」は多くの人に共感を呼び、その詩碑は全国、さらに外国にまで建てられている。

リニューアル中!

謹んでご挨拶申し上げます。
「晩成」は本日、5歳となりました。
予てより思案しておりましたが、この機会に
設計・施工など工事関係者一同ご協力の下、
ブログをリニューアルすることと致しました!
工事期間は9月〜10月を予定しております!!
晩秋にまたお会いしましょう!!! 
一同礼
工事中おじぎ工事中おじぎ工事中おじぎボーイお辞儀少女おじぎ学生押す紳士帽子取り会釈

ブログを続ける心構え

ふくろう基本形Social Network Service(SNS)に加入して、一年余り、この中で絵を描くお仲間のところをしばしば訪問しました。

その中のおひとりTさん。
最初、素敵な「はがき絵」に魅力を感じ、しばしば訪問しました。
今回TさんがSNSをはじめて一周年にあたり「♪・・mixi 1周年に・・♪」を投稿されました。

この日の投稿に対して20人近くの方がコメントを寄せられ、Tさんはすべてに丁寧な応答をされています。
ほんとうにお人柄が現れており、多くの投稿が暖かいコメントとTさんの応答が見事に咲き乱れています。
見るも無残なネット上の非難の応酬をときに目にしますが、その正反対にあるのがTさんのところ、「花園」ですね、そして私の大切なお気に入りです!

私、この良くまとまった投稿に共感、ご本人の了解を得て、拙ブログに掲載させていただくことと致しました。

いくつかの点でコメントされていることは、ブログの初心者、SNSを始めようとしている人には極めて示唆に富むアドバイス。ご一読をお奨めする次第です。

(以下、Tさんの投稿「「♪・・mixi 1周年に・・♪」)続きを読む

過去最高のアクセス!

裃老武士お辞儀バック白3月11日の日曜日、今まででは考えられないアクセスを拙ブログにいただきました。
 なんと、訪問者数:が557人と記録にあります。
ページビューも952とありましたので、他のところも覗いていただいたということ。まずは、心より感謝申し上げる次第にございます!
(反面、「コメント無し」で500人もの方が私のブログ<雑記録>を、嵐のごとく(笑)通り過ぎて往った!そんな不気味さも感じましたが・・・)

 検索キーワードも当方にてわかるのですが415もの「検索語」または「検索組合せ」にて、ご来訪いただきました。ところが、その内実は、だただた「華麗なる一族」にご興味を持たれた方の訪問がほとんど。人気テレビ番組のすごさをまざまざ知らされました。
 そう、ですから次回(最終回)放映が終われば「よどみに浮かぶうたかた・・・(*)」のごとく静かに消え行く方々です。
(*)<まあこのサイト、何とユニークなこと。こんな高校の先生なら勉強楽しくなりそうですね!方丈記⇔化学>

 とはいえ、検索語を拝見すると「華麗なる一族」放映内容や番組のHP説明では飽き足らない、「モット知りたい」という、知的好奇心旺盛な方々の訪問でした。

 特に「岡崎財閥?」というのが圧倒的に多かったですね。 多少、私の情報収集能力が皆様のお役に立ったかな?・・・
 なかには「上杉年一」「岡崎藤吉」「岡崎由雄」「萩野一」など、一歩踏み込んだ内容にご興味をもたれた方も多く、インターネットの一面を垣間見た気が致しました。

「こんなにヒットが上がるのなら」、最近のテレビ視聴率上位で、多少の興味があった「ハケンの品格」についても書くかな、ふとそう思いました!(笑)
 でも、番組も見ていないし、あと1回で放送は終わり・・・何よりアクセス向上(視聴率獲得)だけを目的にするような、下賤な考えはやめと致しました。

あと3月11日の検索キーワードが続く・・・続きを読む

超実践!ブログ革命

people7一筆啓上超実践!ブログ革命』を読んだ。著者はこの分野の師匠と勝手に信奉している「増田真樹氏」
(増田氏は昨年8月末に心身に共通する病気を患い、医師の診断の上、現在まで完全な休養状態とのこと。 お師匠様の平癒を心からお祈り申し上げます。)

 増田氏が本書のなかで提案されていること、私も次の通り推奨申し上げたいと思います。

「家事・育児で忙しい母親」、「仕事に追いまくれれている父親」こそ、ブログを書く価値がある。 
 その効用は、生活がリアルタイムに家族や友人から、見えること。 そして、コミュニケーションの道具として生かすことが十分可能なところです
 特に単身赴任の方、効果大です。 さらに海外にお子さんを送り出しているご家庭には、ブログは絶対お勧めです。
 もちろん、後で編集や削除が出来るとはいえ、書き方には工夫が必要なことは当然ですね。 きついことばは厳禁ですね!

 その他、「晩成」の琴線に触れたフレーズのポイントを以下に記す。(該当部分の引用は続きを読むに転記した)

+ブログは「一人新聞社」
+ブログを長く続けると人との縁が深まる
+ブログは自分の歴史を刻むこと
+ブログは本人の人格を浮き彫りにする
+RSSは「スクラップブック新聞」
+読み直すと記憶が鮮明に甦る
+ブログ継続は、自分自身が成長すること


<関連リンク>
ウェブログの師匠発見!(晩成1歳9ヶ月)『超簡単!ブログ入門』読後の投稿
MetaMix! maskin’s blog(著者増田氏のブログ)
世界でもっとも有名といわれているブログ 『bOINGbOING
Wikipediaでの『bOINGbOING』説明続きを読む

新聞を殺す?!

キャンドルの炎ブログは新聞を殺すのか』というタイトルに惹かれ、ニューズウィーク日本版を購入。 拾い読みを致しました。 記事で紹介されたブログサイトをコメントなど記録として残す。 (活字メディアは当然ながら、紙面から紹介のあったウェッブサイトへ飛んでいくことはできないので・・・)

ブログ専門の検索サイト「テクノラティ Technorati」の推計では、全世界のブログの総数は約2900万。この数字は、私も過去投稿でふれた。

CBCの看板キャスター「ダン・ラザー」が降板した。その原因は、CBCの「偏向」報道を追及した、保守的な思想傾向を持つブロガーたち。 最近ではジャーナリストとして名声を売るには年齢もキャリアも関係ない。ブログの内容を充実させるだけでいいともいわれるようだ。

そんなわけで、評価の高いブログのひとつが「バリスタネット baristanet」日々の事件や社会の動きをリポートするニュースサイト。 ところが、取材する地域はNJの東部3つの町に限定。カフェをモチーフにした洗練されたサイトデザイン、ユーモアあふれる文章が特徴と記事にあった。 書いているのニューヨークタイムズの元コラムニスト、デビー・ギャラントという人だ。
 地域を限定し、自らが取材が可能な範囲のニュースに対してコメントする中々興味深い。地域ケーブルテレビはまさにそのテレビにおける同じ考えに特化している。 ブログで皆がニュースキャスターになれるわけだ。

AOLは130以上のブログを運営している、ウェブログズ社を買収した。その中で優れているのを二つ。 「アンガジェット engadget」(デザインや昨日の優れたITT製品を紹介している) 「ブログパルス blogpuls」(ブログ専用の検索サイト)

さで雑誌の特集タイトル『ブログは新聞を殺すのか』 私の結論は、『どちらも並存して生き残る』である。 ブログはまだ出始めで良いところばかり強調されるが(新しいものが出てきたときの常)、「よーく考えよう!」である。

(長い歴史のある)紙のメディア媒体は、読者の思考を喚起し、(記事を十分推敲・検証する)書き手を選べば、正しい考え方や情報を得るにメリットあり、間違いなくその効果は色あせない。 ブログではリアルタイムの重要性とその双方向性・オープンな環境が過度に強調されるが、その長所といえる部分は、まさしく欠点(信憑性のなさ、リアルタイムという強制の中で読者が自己を失う、テレビと似た部分)になるという点を忘れてはいけない。

 歴史の評価はその出来事により、10年後、時には100年後でないと評価を下せないものもある。何もかも即時「報道」そして「賛成・反対」と騒ぎ立てることが最良とは限らない。(過去の教訓で大衆が先導され間違いを助長したことはしばしばである。「それでも地球は周っているいる」と主張し、民衆・時の権力者からどのような迫害を受けたか? 「ヒトラーがある時期ドイツ国民から熱狂的な支持を受けていた」などということも、如何に民衆が間違うかを示す顕著な例である・・・)ちょっと大冗談に構えすぎ脱線しました。 

大切なことは、人間が道具に振り回させることなく、そして「二者択一ではなく」両方の道具を上手に使いわけることである。  (おわり)

ブログ協会設立

「日本ブログ協会の設立」総務省報道

 ・・・情報を円滑に流通する手段としてブログに着目し、ビジネスブログ/SNS活用事例の収集・公表や活用事例発表会の開催等、その普及促進に取り組んできた・・・
 本日、「日本ブログ協会」(事務局:財団法人マルチメディア振興センター)が設立・・・活動をさらに発展・拡充させてブログの普及促進に取り組んでいく予定・・・


と報道にありました。 インターネットもブログも、早くからその可能性に注目していた自らの先見の明(自画自賛)に満足しているところです!! 

活用事例発表会が今日あったようです(見逃していた!) 新たにどんな企業活用例が紹介されたのか興味深いところです。ご参考まで過去のブログ・SNSの企業活用例はこちら・・さらに、具体的内容・サイト(小規模・社外向け事例のみ)は続きをよむからどうぞ・・続きを読む

増殖するブログ-全世界で2700万件超

キャンドルの炎Yahoo!ニュース - CNET Japan - 増殖するブログ--5カ月半で倍増、全世界で2700万件超に
今、ブログの世界はビッグバンのまっただ中にある。 

 晩成(小生雅号)もそう思います。ホームページより恐ろしい側面(それは効果的な側面と表裏一体だが)を持ったツールです。

 話題が今日性を持ったものである場合、そのブログ投稿テーマに関する反応が、大きな場合、累計1000万を超えるコメント・投稿の嵐となって世界を駆け巡るのです。 

  今までのメールやホームページを主体としたインターネットの世界では創造できなかった規模の伝播力です。詳細は続くからご覧いただければと思いますが『主要企業各社が数百万ドルをつぎ込み、ドイツの有名人と「Du Bist Deutschland(君こそドイツだ)」という意味のセリフを入れた広告を展開、これに約1370万人のブロガーがこの件に関する書き込みを継続的に行っている』とのこと、もちろん多くは英語での投稿が必要なことはいうまでもありませんが、ブログは功罪含めて、すごい世界になりつつあります!・・・続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
資格取得
(「生まれ変わり」以降)
剣道四段('04.4)
居合道初段('04.9)
社会体育指導員初級('05.12)
Excel2級('06.2)
貿易実務C級('06.3)
居合道二段('06.4)
剣道五段('08.5)
社会体育指導員中級('09.7)
相続診断士('14.10)
剣道六段('15.5)
剣道錬士号('18.5)
記事検索
無料素材に感謝!
Sponsor
お問い合わせ
お問い合わせは こちら まで
メッセージ
Recent Comments
'05 絵手紙
'06 絵手紙