★生まれ変わりました★ 

☆過去の呪縛から解放され "生まれ変わりました" 30歳(前世通算80歳)で心身ともにすこやかでありたいと願う!「転生記念日: 2013.9.2.」☆ 晩成(雅号) 敬白

旅行 Trip

サンライズに乗った!

imageimage続きを読む

北海道へ行った!

初めて北海道でゴルフ。楽しい仲間との記録です!
ALBUM

ソウルへの旅 4

訪問したタイミング、夜になると周辺はクリスマスイルミネーション!
特にロッテホテルのあたりが一番奇麗だそうだ。ご覧あれ!

ソウルへの旅 2

s091215明洞カルメ焼きs091215アレ今話題の?最初の写真は明洞のメインストリートど真ん中で、店?を開く、韓国版「カルメ焼き」のオバちゃん。

次は、帰国して芸能ニュースで知りましたが「びょんチャン」が宣伝する化粧品を売る店の店頭。
s091214明洞三枚目は明洞の地下街一角に数店あった、中古レコードショップ。 いずこもマニアがいるものですね

ソウルへの旅 3

食事のこと。
いつも必ず行くのは「百済参鶏湯」というお店。

お店に三千人女官を相手にした「百済義慈王」も召し上がった「参鶏湯」と宣伝あり。
そもそもこの料理の起源は? と興味が湧いた
Wikipediaの「参鶏湯」の項に、文献登場は1920年代と記述あり・・・あれ新しい料理??

ところで「百済」は高句麗に対抗するために倭国と結ぶ、と歴史の教科書にありましたね。

ついでに、歴史のおさらいも少ししてみました・・・
過去の百済の記録を多く採用している『日本書紀』の雄略紀によれば、高句麗に漢城を攻め落とされた時に百済は一度滅び(475年)、その後(477年)に雄略天皇が百済王に熊津の地を賜って国を再興させたとある。

660年、唐の蘇定方将軍の軍が山東半島から海を渡って百済に上陸し、百済王都を占領した。
義慈王は熊津に逃れたが間もなく降伏して百済は滅亡した。

百済滅亡を知った倭国でも、百済復興を全面的に支援することを決定。
ついに663年倭国の水軍は白村江(白馬江)で、唐との決戦に及んだ(白村江の戦い)。
これに大敗した倭国は、各地を転戦する軍を集結させ、亡命を希望する多くの百済貴族を伴って帰国させた。

百済と倭国の外交関係は、高句麗・新羅に比べて友好的であった。
<以上Wikipedia記述より>

今回の「参鶏湯」は熱々で登場! その場面映像で紹介しましょう!


s091215百済参鶏湯新メニューs091215百済参鶏湯 今年は熱々s091215百済人参鶏湯13000Won

ソウルへの旅 1

さて、ソウルへは何度目の旅だろう。
とは云え、この旅で新鮮な発見はそれほどない。

「ホテル」「食事の場所」など、決まりきった定番メニューを
言葉の不自由の無い範囲で行動するからだ・・・

いくつかに分け旅の記録を残した! 
最初の写真、空港の建物の一部だが宇宙船のようだ!
s091214宇宙船?

ベネチア フィレンツェ アマルフィ

過日、将来旅行したいイタリアの三つの都市に言及した。
残念ながら、この選んで訪問となると、お手軽ツアーとして販売していないようだ。
どうしたらいいか、3つに共通するキーワードは?
そうすべて「世界遺産」に指定されている。

「ベネチアとその潟」
「フィレンツェ歴史地区」
「アマルフィ海岸」

だから、多少金額が張っても、個人向け「世界遺産フリープラン」そんなのを組めば行けないことはないか・・・
かつてユーレイルパスを使った時は、全部フランス・イタリア・オーストリアすべてのホテルなどすべて自分でアレンジし、鉄道で移動した。 
でも、今そんな面倒なことをすることにエネルギーは使いたくない。
旅行会社にお任せがなんとも気楽だ・・・

そんなことを思いながらも、鉄道いくらかと調べた。
サイトを記録に残す。

「フランス〜イタリア」2カ国鉄道利用
(航空運賃を安くするためフランス「パリ」と日本往復の拠点とする)

「イタリア」のみ鉄道利用
(高いアリタリア航空を利用して「ローマ」が拠点となる) 

今回、アリタリア航空のサイトも見たら
結構使えそうなツアーを提供しているのを発見!
「平日出発」「日本人が移動しないタイミング」(4月、連休明け、休暇明け)
この辺を狙えば、わざわざパリ経由でなくともいいかな・・・

さてさて、イタリアに世界遺産いくつあるかとういうと、
なんと44もある(33という表現もあり)・・・日本が14である。
いずれにしても、ほんとうに見るところだらけ!
[関係サイト1][関係サイト2][関係サイト3]

ベネチアの写真

Canal_Grande_Panorama2
イタリアを舞台とした「アマルティ 女神の報酬」を見て、
ベネチアのことを調べたい欲望に支配された。
得意技で「脱線」「寄り道」をして画像を並べてみよう!
ネット上旅行だ!ほんとうの旅がしたいですね・・・
800px-Wenecja_Most_Rialto
800px-Ponte_degli_Scalzi_20050525-030

三千院へ

京都小旅行の二日目はあいにくの雨だった。
でも三千院訪問にはかえって良かったかも知れない。

宸殿・往生極楽院の周辺は「苔の大海原」
その中に発見した「わらべ地蔵」のなんとかわいいこと。

良い旅となりました! 
さっそく、写真を「20090507京都秀作」として整理しました!
「お裾分けどすえ〜」

最初の一枚は豪華な「朝食」、そして最後に登場する写真は、
親孝行に努力した、私が義母上よりプレゼントされた、
伏見の大吟醸純米酒「おのみやす」と、三千院で求めたフクロウの香炉!

ほろ酔い気分で写真整理だけは、昨晩完了していました。

醍醐寺へ

昨日から京都!
五月の連休は、義父母とともに京都の小旅行が恒例となった。
両親の年齢も考慮して、無理せず、見学は1ヶ寺のみ。
今年は「醍醐寺」 
下醍醐のみだが、十分堪能!

ここにはお宝がたくさんあり、昨日だけで「国宝」15「重要文化財」44を見学。
ところが驚く無かれ、霊宝館には国宝・重文が四万点もあるという。

三宝院の内部(庭と部屋など)が撮影禁止というのが、ちょっと残念。
でも、その他にも素晴らしい撮影ポイントが多く、楽しく撮りまくった!

本人は満足して自画自賛・・・昨晩「秀作集スライド」!に整理したので皆様にご披露!

さーて、これから朝の散歩。 「蛤御門」を入り「御所」を散策・・・同志社大学の建造物を見学! まだ、みんな寝ているので、(小声で)いってきます・・・
部屋から外を確認せずロビーへ降りてみると、雨。しばらく様子を伺ったが、散歩は断念した。
来年にお預けだ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
資格取得
(「生まれ変わり」以降)
剣道四段('04.4)
居合道初段('04.9)
社会体育指導員初級('05.12)
Excel2級('06.2)
貿易実務C級('06.3)
居合道二段('06.4)
剣道五段('08.5)
社会体育指導員中級('09.7)
相続診断士('14.10)
剣道六段('15.5)
剣道錬士号('18.5)
記事検索
無料素材に感謝!
Sponsor
お問い合わせ
お問い合わせは こちら まで
メッセージ
Recent Comments
'05 絵手紙
'06 絵手紙