英エコノミスト誌の翻訳記事が日経新聞のネットサイトにあった。
タイトルは『70代で金鉱を掘り当てた「シェール革命の父」の生涯

主人公のジョージ・ミッチェル氏は2013年7月26日に亡くなった。
実はこの方のことは、私も過去に投稿している。陸軍を退役されたあと、20年近くの歳月を経て、「シェールガス」という金鉱を掘り当てた。

起業家の一つのモデルとして、自分の信じたこと、信念を貫き通すということで、見事な人生である。
最初の投稿した時、ミッチェル氏のことを深く知らなかったが、今回、エコノミストの翻訳記事を読み、「起業家とはかくの如し」と関心しきりなり。 翻訳記事から抜粋し短文を綴る形で再編集した。 ご一読あれ。続きを読む