★生まれ変わりました★ 

☆過去の呪縛から解放され "生まれ変わりました" 30歳(前世通算80歳)で心身ともにすこやかでありたいと願う!「転生記念日: 2013.9.2.」☆ 晩成(雅号) 敬白

人生 Life

近大うなぎに期待!

今年は鰻を食べていない。

近年『しらすうなぎ』が激減、将来食べられなくなるのでは?そんな話も出ているようだ・・・
ふと、昨年の晩秋、小耳に挟んだニュースを思い出した。また海の幸を再生する近畿大学の快挙か、そんな印象を持った。

近畿大学水産研究所(近大水研)の田中秀樹教授がその主役。ニホンウナギは2014年に絶滅危惧種に指定され生息数が減少。流通する国産ウナギの99%以上が養殖。養殖の種苗は100%、シラスウナギ(天然の稚魚)。近年シラスウナギの漁獲量が著しく減少し、それに伴う密漁も多く問題視されている

近大のうなぎ研究が始まったのは1976年(私が社会人になった年)1984年と1998年に採卵・ふ化に成功、しかし適切な餌がわからず成長するまでには至らず、研究中断。再開したのは2019年春とのこと。

近大にウナギ研究のスペシャリストが着任

その原動力となったのが田中教授2018年3月に水研機構を定年退職となり、同年4月に近大水研の教授に就任。学生指導の傍ら、浦神実験場長として水産養殖技術に関する研究を進めています。

完全養殖ウナギは4年後に食べられる!?

初期飼育に成功した仔魚が順調に成長(仔魚→稚魚→成魚)すれば、親として次世代を産卵することになり、完全養殖のサイクルに入ります。そうなるまでに最短で3年、さらに食用サイズへはもう1年ほどかかる。最短で4年後に完全養殖ウナギの系列飲食店での提供を目指しています。(私も銀座で近大マグロ食べました)

とはいえ、ウナギの流通問題解決とはならない。「完全養殖と大量生産は全く別問題であり、大量生産ができる時期については現状では見通せません」(田中教授)

商業化への課題

商業化は、稚魚までの歩留まりや、長期にわたる仔魚期の飼育に要する人件費、光熱費などコスト面の課題があります。この削減は一朝一夕にはできません。改善すべき問題が複数あり、それらを総合的に改善することにより、コスト削減が進む。

しかしながら、工業生産ではなく生き物の飼育であることは忘れてはならず、飼育例ごとに成績に大きな変動があることや、病気や遺伝的問題など新たな障害が現れる恐れもあることに注意すべきです」(田中教授)

ウナギの人工ふ化&初期飼育は条件を満たせば“どの機関でも可能”

浦神実験場では主に「人工的に成熟を促進した養殖ウナギの雌から卵を採取して人工授精を行う」方法がとられています。人工授精を行った卵から誕生した仔魚の一部には、ふ化後7日目から給餌を行い、順調に成長した。

  • 50日齢仔魚(全長約20mm)約20尾
  • 43日齢仔魚(全長約18mm)約100尾
  • 28日齢仔魚(全長約12mm)約1000尾

 こうした手順は、「報道、学会発表、論文、書籍、特許公開広報などで情報が開示されており、ある程度の設備があって、水産増養殖分野の基本的な知識と技術、経験を有する人材がいれば、どの機関でも可能な成果」と田中教授は述べます。《上記記述は以下サイトからの抜粋引用》近大が「ニホンウナギ」の人工ふ化に成功

(最新情報》2020July
「2019年3月、浦神実験場でウナギの人工種苗生産をめざして研究を再開しました。養殖ウナギを雌雄の親魚候補として6月から人工的に成熟を促進し、9月と10月にはそれぞれの月で約数万尾の仔魚(しぎょ、稚魚の一段階前の状態)がふ化しました。ふ化仔魚の一部にふ化後7日目から餌を与えたところ、同年11月1日時点で50日齢の仔魚約20尾、43日齢約100尾、28日齢約1000尾が順調に成長したので、プレス発表をさせていただきました」

   しかし、昨年度にふ化した仔魚はその後徐々に数を減らしていき、最長飼育期間149日、最大全長37ミリメートルという記録を残して、2020年4月までに全滅。田中教授は全滅までの期間を振り返り、研究と飼育を並行して進めるには飼育施設が小さく狭かったことや、大雨により海水塩分が低下したことなど、いくつかの問題点が明らかになったと話した。

完全養殖ウナギ目指し「地道に研究を継続」

   ただ、「完全養殖」を目指した研究・飼育は現在も継続しているという。

「2020年1月以降、新たにウナギ仔魚飼育施設の拡充を行いました。2月からは新たにメスの成熟誘起を開始し、4月22日以降4尾のメスから採卵に成功して、新施設での飼育を続けています。7月22日現在は、最も長期飼育しているものがふ化後90日、全長約30ミリメートルに達しており、100尾あまりが生き残っています」

   「これからも地道に研究を継続する」と田中教授。「将来は養殖魚専門料理店『近畿大学水産研究所』で、期間限定・数量限定となるかもしれないが完全養殖ウナギを提供し、一般の人々にも味わってもらえるようにしたい」と目標を語った。(J-CASTトレンド 福田週人)

引き続き応援してます📣

妻への誕生日プレゼント🎁

色は白。
サドルを柔らかいものに変え、買い物カゴを前部に付ける!
来週後半に湘南Tサイトにて受取予定です。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

映画「しあわせの絵の具」観賞

過日Shape of Waterの観賞記をSNSに投稿。そうすると「サラ・ホーキンス」なら、こちらがお勧めとコメントを頂戴した。それではと東劇まで出向いた!続きを読む

歌はいい”Solamente una vez”

よく酔っ払って、いい加減に🎤歌っていたこの曲。
***************
Solamente una vez , ame la vida‬
人生でただ一度です,愛したのです 
***************
まじめにスペイン語の歌詞を全て調べたら・・・更に好きになった。
だからこそ歌いつがれている・・・
ご存知ない方、次リンク先でオリジナルを視聴して下さい。

続くに更に4映像続きを読む

美術とは?(1)

六十歳の誕生日を迎えた今日、私が残された人生で取り組みたいと思っている絵画の世界に関し、古今東西の巨人たちのこと、絵の世界でデビューするための道標などについて、調べた記録です。
勿論、画家に大器晩成はないそうですし、お給料をいただく生活も可能な限り続けたいと思います。

人間原初の行為から、たべる、うたう、おどる、などと同じく「つくる、かく」があり、古今東西を問わず美術は文化として普遍的なものです。これはあるサイトにあった言葉の引用です。もし、これから数日間、綴る「美術とは?」の連続投稿を初めてご覧になる方は、私のことを「何者?」と思われるかも知れませんね...
ただのどこにでもいる、「おっさん」です。どうぞご安心下さい。

「シェール革命の父」の生涯

英エコノミスト誌の翻訳記事が日経新聞のネットサイトにあった。
タイトルは『70代で金鉱を掘り当てた「シェール革命の父」の生涯

主人公のジョージ・ミッチェル氏は2013年7月26日に亡くなった。
実はこの方のことは、私も過去に投稿している。陸軍を退役されたあと、20年近くの歳月を経て、「シェールガス」という金鉱を掘り当てた。

起業家の一つのモデルとして、自分の信じたこと、信念を貫き通すということで、見事な人生である。
最初の投稿した時、ミッチェル氏のことを深く知らなかったが、今回、エコノミストの翻訳記事を読み、「起業家とはかくの如し」と関心しきりなり。 翻訳記事から抜粋し短文を綴る形で再編集した。 ご一読あれ。続きを読む

李下に冠を正さず

タイトルは故事成語の一つ。
学校で習いましたなあ。

ある報道について、新聞やネットにある説明を読みながら
誤解を受けそうな行為や発言をしないことが大切と痛感した。
『李下に冠を正し、瓜田に靴を履く』ことをしたため、
話は思わぬ方向に急展開してしまいました。

故事成語の意味を再確認。
(出典)【古楽府・君子行】
君子防未然、不處嫌疑間。瓜田不納履、李下不正冠。
他人の嫌疑を受けやすい行為は避けるようにせよとの意とある。

冒頭の「記事」とは大阪市長殿の発言を端とした記事のこと。
これまで弁が立ち、調子良すぎた反動か?
(標記の故事と、本投稿の意図は多少異なるが・・・)
多くの人が内心そう思っていてもあえて『言葉』しないことがある。
明言すると、攻撃を受ける面倒なことが、世に多い。
立場、国など、その個人が背景とするものに左右されるのである。

自らの発言が、事実に基づいている場合さえも
他人にそれを強要すると手痛いしっぺ返しが来ますぞ諸兄。

つい本音を吐露してしまったためど壺にはまって・・・
という人々を次サイトで発見。
失言の迷宮」というユニークなサイトです。

(余談)
『唯我独尊』を諸兄はどのように理解されていますか?
次の解説はなかなかよろしいとおもいます。
個人的には「唯一無二の自分を大切にして、周囲に流されず生きよう」そう理解しています。

【「生き方・姿勢などについて」の唯我独尊 】
天上天下唯我独尊 ・ 唯一不動の存在 ・ 唯一かけがえのない自分 ・ 信念に基づく〜 ・ 主体性のある〜 ・ 周囲に流されない〜 ・ 孤高の(科学者)
【「やり方・態度などについて」の唯我独尊】
独りよがり ・ うぬぼれ ・ 独断と偏見 ・ マイペース(による〜) ・ (人の)意見を聞かない ・ 頑固な ・ 勝手な ・ 狭量な ・ 独善的な ・ 専横な ・ 硬直的(態度) ・ 夜郎自大の
出典

鬼平(4巻目)の解説より

鬼平の四巻目を読み終えた。
本巻の解説は佐藤隆介氏。
琴線に触れた部分を引用。

【引用開始】
「鬼平犯科帳」がいわゆる謎とき本位の捕物帳や007風のスーパーマン物と根本的に違うのは、池波正太郎があくまでも、(人間が人間として生きて行くために避けることが出来ない日常問題を、執拗に書き続けている・・・)
というところにあると思う。

組織と個人、仕事と家庭、嫉妬と反撥、信頼と裏切り、男と女、愛情と金・・・だれもが毎日のように経験するこれらの問題が、むしろ、このシリーズ小説の核だといったらいい過ぎだろうか。

結局、池波正太郎が「鬼平犯科帳」によって私たちに突きつけて見せるものは、いつの時代にも変わることのない、人間の裸の姿なのだ。

そこでは人間の本性が徹底したリアリズムの手法でえぐり出され、私たちは、(正義か、然らずんば悪か・・・)式の小児的倫理がいかにナンセンスであるかを否応なしに思い知らされる。 【引用終り】

全く同感!

蕎麦屋でマイ猪口

鬼平犯科帳には江戸の食文化がふんだんに描かれている…
勿論、作者の池波正太郎が食通だっとおいうこともご存知の通り。 
随筆も多数あり・・・「散歩のとき何か食べたくなって(新潮文庫)」他

また、作品には「蕎麦屋で酒」という描写も数多く登場する…
秋山小兵衛、長谷川平蔵もよく蕎麦屋で呑んでいました・・・

池波さんはお猪口などにはそれほどこだわらなかったのだろうか?

私も、贔屓の蕎麦屋で、酒を吞み、鬼平や剣客商売の登場人物を思い浮かべる。
何とも心地良い時間・・・その時、お気に入りのマイ猪口だと、気分は最高!続きを読む

「いい言葉は、いい人生をつくる」

タイトルの「いい言葉は、いい人生をつくる」同感です。

私、不惑はとっくに過ぎ、還暦になろうとするのに、ちょっとしたことでも心が挫けそうになる。
そんな時、心の栄養剤としていい言葉を反芻するようにしている。

この番組は確か5、6話あたりから、たまたま視聴を始め録画もしている。

その中で感動したのをご紹介しよう!

第 8話「現状を変えるのは愛情だ」
http://www3.nhk.or.jp/d-station/episode/mota/2117/

第11話「“ありがとう”を多く言うと・・・」
http://www3.nhk.or.jp/d-station/episode/mota/2269/

お気づきの通り、NHKは「どーがステーション」で過去放映分も提供してくれているんですね。 私が見逃した最初の方にも力作がラインナップされているのだろうと思う。じっくり鑑賞ができそうですね。「有り難い」ことです。

私も茂太先生と同じように良い言葉を収集してきた。

食事が体の栄養なら、良い言葉良い書籍は心の栄養である。
特に私のような凡人は常に栄養補給していないと、心が荒んでしまう。

最近もちょっと気落ちすることがあり、これは栄養不足だと思い、
心が晴れる 禅の言葉 (中経の文庫) を鞄に入れ、通勤途上読み進んでいる。

この文庫は2月から「言志四録と碧巖録」を題材にした研修会へ参加するため、予習を兼ねて購入していた本である。

「碧巖録」にある「廓然無聖(かくねんむしょう)」「喫茶去(きっさこ)」「無功用(むくゆう)」などは、この本により初めて知った言葉です。

さらに余談だが、手帳はここ数年はタナベ経営のブルーダイアリーを愛用している。各ページの欄外にある言葉はビジネスにおけるアドバイスが書かれているが意外といい。
2013年 ブルーダイアリー・ジュニア続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
資格取得
(「生まれ変わり」以降)
剣道四段('04.4)
居合道初段('04.9)
社会体育指導員初級('05.12)
Excel2級('06.2)
貿易実務C級('06.3)
居合道二段('06.4)
剣道五段('08.5)
社会体育指導員中級('09.7)
相続診断士('14.10)
剣道六段('15.5)
剣道錬士号('18.5)
記事検索
無料素材に感謝!
Sponsor
お問い合わせ
お問い合わせは こちら まで
メッセージ
Recent Comments
'05 絵手紙
'06 絵手紙