★生まれ変わりました★ 

☆過去の呪縛から解放され "生まれ変わりました" 30歳(前世通算80歳)で心身ともにすこやかでありたいと願う!「転生記念日: 2013.9.2.」☆ 晩成(雅号) 敬白

音楽 Musical

骨抜きにされた我ら夫婦

アイーダ役「濱田めぐみ」 ラダメス役「阿久津 陽一郎」

この二人が「アイーダ」に出演してくれる時は、我ら夫婦、素直に演目の中に埋没できる。
最後にアイーダとラダメスは墓の中に生き埋めとされるのだが、我々も同じ状態だ。
将来、痴呆症にならざるを得ないなら、最高の出来栄えの「濱田アイーダ」「阿久津ラダメス」の世界を彷徨うのと同じ恍惚状態になれるなら、こりゃ悪くないなと思う。

この素晴らしい舞台の求心力はなんと言っても「濱田めぐみ」さんだ!
自らのソロでの圧倒的な存在感、歌唱力、表現力、さらに彼女が素晴らしいのは、ソロばかりでなく、デュエット、トリオ・・・人と一緒に歌う場合も含めて、彼女はすべてが素晴らしい。
いずれの場合も、自らが舞台で果たすべき役割を知り尽くした上で、見事に歌い、演じる。
その姿が見事に観客の心を包み、共にミュージカルの世界へ誘ってくれ、彼女と彷徨っているかのごとくである。

カーテンが下り、観客はやっと現実に帰ってくる。まさに、プロはかく在るべしというお手本なり。

そして、私が濱田さんが特に好きな点。プレイが終わり、舞台で観客の拍手を受けるときの態度。
なんとも謙虚で、控えめ、自らが前に出ようという素振りを一度としてみたことがない。 本当に素敵だと思う。

先週、久々にアイーダ役「濱田めぐみ」のラダメス役「阿久津 陽一郎」ベストペアで鑑賞したあと、
妻から「また行く」と聞かれ「・・・せっかく素晴らしいプレイを見て、最高の余韻に浸っていたいから、しばらく行かない」と答えた。次にこの同じ組み合わせで見られるとは限らないからだ。

ところが、翌日、つ魔(妻)の誘惑「また同じ組み合わせであるわよ!」劇団四季の予約サイトを見て、悪魔の誘い・・・・か弱きもの汝は『いくよ!』・・・ああ、なんと節操の無い・・・・

結局、このベストペアの劇団四季「アイーダ」を二週続けてみたがいずれも文句のつけようのないプレイだった。最初の鑑賞は五列目のセンター、二人の息遣いが聞こえてきた。二度目はだいぶ後方、でも舞台全体が良く見えた。

いずれのプレイ後も、拍手はなりやまず、カーテンコールを数回繰り返すうちに、場内は2階席も含めて、総立ちの「スタンディングオベイション」となった。 当然である! 感激・感動に感謝!

「濱田めぐみ」:生年月日は1972年8月2日
中学3年生の時に、『キャッツ』を見てミュージカルをやりたいと感じたという。
1995年12月に行われた劇団四季オーディションに合格。
ディズニーミュージカル3作品に全てヒロイン役で出演した、ただ一人の女優

「阿久津 陽一郎」:生年月日は1971年4月21日
大学3年時に劇団四季のオーディションに合格。

「アイーダ」続きを読む

携帯電話のセールスマンが歌うオペラ

数日前に英国のおばちゃん「スーザン・ボイル」の素晴らしい歌声をユーチューブで聴いた。

「二匹目のドジョウ」が、スーザンが二匹目で、この携帯電話のセールスマン氏の方が一匹目のドジョウですか、2年程前に登場されているようだ!


「それで何するの?」と質問され

『オペラを唄います』そう彼は言った。

勿論、プロの歌手に比較するのもどうかと思うが、独学の素人としては十分なサプライズ!
その歌声を聴いて見ましょう!

なんとオペラハウスに登場するまでになってしまった! 人生大変化!

Paul Potts - Prague Opera House Medley - Long Version
">

英国のおばちゃん「スーザン・ボイル」

電車で週刊誌の「中刷り」で、その名前を昨日見た!

「スーザン・ボイル(Susan Boyle)」
その動画、ユーチューブで1800万回以上も再生されたという。
アップロードされてほんの一週間経つか経たない間の出来事。
<私が視聴した昨日の段階での、再生回数 82,594,190回!>

それがさっそく「中刷り」になるとは、取材班もご苦労様だが・・・。

このおばちゃん、スコットランドに住む。 歳は48歳。
注目を浴びるきっかけはイギリスのオーディション番組「Britains Got Talent 2009」。
あれ同じタイプの番組に辛口の発言をする「サイモン」が審査員?
でも、これはイギリス版だよな?
調べると、やっぱり辛口審査員サイモン・コーウェルが出稼ぎ?で英国に出向いているようだ。

オバちゃんの登場後、会場の反応はいまひとつ。 
審査員の質問に対する応答もオバちゃんそのもの、そして調子に乗って、腰フリまで・・・失笑。
「エレイン・ペイジ<だれや?>のようなプロのシンガーになりたい」のたまう。
早く終わってくれ、そんな会場の空気を感じながら・・とうとう、ミュージカル「Les Miserables」の「I dreamed a dream」のイントロ・・・

第一声が、会場にこだますと、人々に歓声! 眉を顰めていた聴衆、審査員の表情がみるみる変化する。

審査員三人のコメントはよくわからなくとも、その発言内容は映像を見ていると想像ができる。 賞賛の嵐!!! 
まあ、まあ、ご覧になってみやしゃんせ!
その動画へのリンク

パイレートクイーン鑑賞

海賊の末裔を自称する私、
この演目を見逃すわけにはいかない(笑)
ミュージカル「パイレート・クィーン」である。
保坂知寿、山口祐一郎、今井清隆、石川禅、宮川浩、涼風真世。
どの俳優も主役を張ることができるメンバーが集結。
土曜にソワレを鑑賞した。

「保坂知寿」「涼風真世」という中年、いや大変失礼。
お二人の熱演が光った。 
本格的なアイリッシュダンスも見事。
楽しく鑑賞した。

主人公、グレイス・オマリー「・・・最も有名な族長・・・ガレー船3艘と200人の戦士を所有した」という実在の人物。
16世紀の前半(1530年ころ)に生まれ、17世紀の初頭(1603年?)にこの世を去った、ア。イルランド西部の女海賊である。
1603 年、総督マウントジョイ卿率いる国王軍に対して、オニール族長ヒューが降伏して終わった。
エリザベス女王が亡くなり、テューダー朝が終わりを迎えるわずか数日前のことであった。
こうしてテューダー朝は、半世紀以上の歳月をかけ、人的・物的に莫大な資源を費やしながら、
紆余曲折の末に、ついにアイルランドにおける王権の一元的支配を実現したのである。
グレイス・オマリー自身は小軍閥(海賊)として最後まで生き抜いた。
しかし、その息子のひとり、かのティボット(シアボールド・バーク)は、
メイヨウ州の大地主(ジェントルマン)として生きる道を選び、
最晩年の 1627 年にはメイヨウ子爵に叙せられて、生涯を終えたのであった。
アイルランド西部カウンティー・メイヨーのクルー湾(Clew Bay, Co. Mayo)。神秘的なクローパトリック山を見晴らすこの地は、その昔、女海賊として活躍したグレース・オマーリー(Grace O’Malley)が拠点としたロマンあふれる土地柄として知られています。

舞台となった地域
アイルランドの風景写真

<解説>や歴史背景などは続きを読むに記録した続きを読む

美空ひばり番外編「ナットキングコール」

美空ひばりの曲をユーチューブで探しながら収穫した副産物の競演です!
過去の投稿の重複あるかと思いますが気にしない!

MONA LISA」(Nat King Cole)


L-o-v-e」with lyrics


Smile - Chaplin by Nat King Cole
Smile though your heart is aching Smile even though it's breaking When there are clouds in the sky, you'll get by If you smile through your fear and sorrow Smile and maybe tomorrow You'll see ... This is nice song!


♪ Smile - Charlie Chaplin by Michel Jackson


Oscar Peterson


You Look Good to Me @ Amsterdam
すごいですね! ピアノを介して、オスカーは歌を唄っているんでしょう!

私の選ぶ「美空ひばり」<4>

Shanghai - Hibari Misora
ちょっと音が悪いんだけれと、ひばりさんの「英語」と「日本」を比較でします。
この曲、英語の方がピッタリだと思いませんか? ひばりさんほんに英語上手!


スターダスト - Stardust
ひばりさん英語ほんとにお上手。 
文字は見ずに歌詞は耳で覚えてしまったそうですよ!やっぱり天才だ。


こちらは、本家筋、私の好きなNAT KING COLEの「Stardust」
ひばりさんも大好きでこの人の曲を何曲もカバーしてます!

私の選ぶ「美空ひばり」<3>

ひばりさんの英語ソング続き
ペイパー・ムーン(It's only a paper moon)」
残念ながら、埋め込みできずリンクのみ動画のリンクへ

It's Only A Paper Moon/Nat King Cole
同じくご本家の歌とひばりさんのを聞き比べてみてください!

私の選ぶ「美空ひばり」<2>

ひばりソングでテンポ良く始まり、さびがまた素晴らしい佳歌二曲!

お祭りマンボ」(1977)


車屋さん

私の選ぶ「美空ひばり」<1>

ごくたまに、先輩にお付き合いして、カラオケのあるお店へ行く。
だいたい歌の好きな人と行くわけだから、こちらが聴いている事が多い。
なぜか「美空ひばり」を好きな人が複数いて、歌合戦・マイクの取り合いとなる。

やはり聞いていて、いい歌が多いなと思う。
山ほどある「ひばりソング」で私の好きなもの、ちょっと珍しいのをコレクションしておこうと思った。 何回かに分け掲載。当然?、脱線して、他の人が紛れ込むこと必至(笑)

最初は珍しいところから
「都々逸」 by 美空ひばり & 古賀政男(三味線)
貴重な動画必見!残念ならら画面埋め込みができませんが、これ絶品です!!
<1967/01/22放送フジテレビ「歌は我がいのち(ひばり芸能生活20年)」より>
都々逸

ちょっと長いけど、都々逸風「酒は涙か溜息か〜語り」

Hayley Westenra <3>

Beat of Your Heart


Ave Maria


I Dreamed A Dream

Hayley Westenraの歌うこの曲、もちろん★★★★★です!

そもそも、ミュージカルナンバーである、この曲を「どんな人が歌っているのか?」そんなことを調べる目的で、探し、彷徨いながら、夢の世界を垣間見ました。
至福の(私設)コンサートでした! 大満足。

<追加> こういう曲も、悪くないですねが、スローな曲には敵わないか!
ニュージーランド方々の話す英語、私は聞き取りにくいなあ・・・
Santa Lucia
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
資格取得
(「生まれ変わり」以降)
剣道四段('04.4)
居合道初段('04.9)
社会体育指導員初級('05.12)
Excel2級('06.2)
貿易実務C級('06.3)
居合道二段('06.4)
剣道五段('08.5)
社会体育指導員中級('09.7)
相続診断士('14.10)
剣道六段('15.5)
剣道錬士号('18.5)
記事検索
無料素材に感謝!
Sponsor
お問い合わせ
お問い合わせは こちら まで
メッセージ
Recent Comments
'05 絵手紙
'06 絵手紙