牧野邦夫 写実の精髄」を練馬美術館へ出向き鑑賞。
ポスターとなっている、自画像はなかなか秀逸。
好きな作品です。
その他にも自画像が多い。
明らかに目指した画家レンブラントを意識してのことだろう。
(レンブラントも自画像をたくさん描いた)

そもそも、レンブラントは私も大好き。
しかしそれほど実物をたくさん見ていない。
国内ではブリジストン美術館の「聖書あるいは物語に取材した夜の情景」ぐらいである。
夜警」が最高傑作とされるが、いつの日か実物を観たい!

帰宅して、レンブラントをネットでよくよく調べた。
牧野邦夫はレンブラントを目指したと紹介にあった。
でも、余りにもレンブラントは絵画界の大御所。
レンブラントの域に達するには自分九十歳まで描き続けなければならない、と。
しかし、道半ばの六十過ぎで亡くなっている。

牧野は若い頃、芸術家であった叔父から、一日12時間、20年?描き続けなければ一流にはなれないと言われた・・・そんな解説がありました。 確かに絵のみならず、人に感動を与えられる域に達するには、並々ならぬ努力が必要ですね。続きを読む