一般には室町時代末の林崎甚助が居合を集大成した人物と考えられている。その後、数多くの流派が生まれ、いくつかは現在に至る。

 私は制定居合いを学んでいるものであるが、段位が上がれば古流の修行を始めることが奨励される。最近も「古流は何を抜かれるか?」そんな会話がしばしばあり「私は制定居合いだけで・・」と都度答えるが、後の会話が続かないこと、多少気後れを感じ始めていた。

 居合い関係の書籍も何冊か購入したが、古流の流派を、素人なりに整理しておこうと思った。(まずは流派を羅列し、この投稿を少しずつ肉付けして行く事とする)

流派・分類はWikipedia「抜刀術」の記述に従った。大きな流れとして「林崎系」と「林崎系以外」に分類されている。詳細は「続きを読む」より続きを読む