「居眠り磐音江戸双紙」の31巻目と32巻目である、「更衣ノ鷹(きさらぎのたか)」の上下巻を読み終えた。
 昨年後半、筆者自身が上巻を書き終えた時点で、「ヨーロッパ旅行をして英気を養い、帰国後大きな山場となる下巻を仕上げた」とあとがきにあった。

史実にある家基の死に絡んで、磐音ほか今までに登場した人物が綾を成し、息も付かせず物語は進んでゆく。次の徳川幕府の将軍として期待されていた家基の死は歴史にある通りだが、磐音他がどのようにこれに絡むのかというスリリングな展開は、まだ読まれていない方の楽しみを奪うため、当然書かない。

シリーズ、第一巻目「陽炎の辻」で、佐伯氏は読者である私の心を鷲づかみにしてその世界に引きずり込んでくれた。今回の上・下巻は、その時の感動に勝るとも劣らず「佐伯ワールド全開!」渾身の上下巻であった。

現在、文庫本の帯に類型1000万部売れたと書いてある。 
「更衣ノ鷹」(下巻)に後書きがあり、50巻で完結とどこぞで発言した、と佐伯氏は吐露している。 あと、18巻か・・・今まで、だいたい2ヶ月から3ヶ月に1冊が上梓される。ということは筆が進んでも3年、思慮・推敲の時が費やされれば4年は楽しめるか・・・

お正月の元旦「“職人”小説家 〜「陽炎の辻」・佐伯泰英」という番組を見た。
佐伯氏の★自宅は熱海、読書好きの児玉清がインタビュー。
現在、「居眠り」も含めて7シリーズの執筆がここから産み出され、庶民にすぐに手の出る「文庫書き下ろし」となるわけである。「私は職人作家だ!」あえてそう自負する佐伯氏は素晴らしい。理屈を捏ねる、どこぞのへな猪口作家より私は遥かに好きだ。

佐伯氏が文壇に登場したのは、1999年。
私自身が人の紹介で「居眠り磐音江戸双紙」を読み始めたのが2006年。
当時発刊されていた20巻ほどは、1ヶ月も経たないうちに読み終えた。
その後は書店に新しい巻が並ぶと、なんの躊躇も無く購入することが続いている。
他のシリーズも読もうかと思い「密命」の最初の巻を買ったが、特段の理由無く放置したままである。

私には「池波正太郎」の『剣客商売』『鬼平犯科帳』という、まだ未踏峰?の、燦然と輝く山々がある。
特に『剣客商売』の秋山小兵衛は無外流の達人である老剣客、初登場時は59歳。以降75歳までの姿が描かれるということで、老いても盛んで小粋な爺さんに何とか自らをなぞらえたいと、勝手な妄想を抱いているが、これは余談。

ネットに2009年に行なった佐伯氏へのインタビューあり。
『銀座のクラブにお酒飲みに行くとか、海外にゴルフ行くとか、釣りをやるとか全く無縁の人間で、「無趣味が趣味で、仕事が道楽」みたいなところがあるからね』

仕事が道楽という、なんと、羨ましい!
また、映像になった功罪にも言及しておられる。そう多くの人が「坂崎磐音」が「山本磐音」になり、「おこん」が「中越おこん」に重なってしまうという読者、私も含め沢山いるはず。私の場合、二人の俳優さんとも好印象で、それほど小説のイメージは崩れていないからありがたい。

おまけ★熱海の自宅購入の由来・・・続きを読むに引用元続きを読む