私は、時代に出遅れた「池波正太郎ファン」でございます。

一時期「池波正太郎ごっこ」というのが流行ったんですってね?!
「蕎麦屋で和風の肴をつまみながら日本酒をちびちびやる」がその遊び方。
東京の下町に行くとそういう若い女性が結構いたらしいが?
http://j-sakanoue.at.webry.info/200607/article_25.html

勿論、我々親爺たちが行うのは「ごっこ」ではなく正真正銘「池波正太郎の模倣」
女子が同様の行動をする場合、遠慮深く「池波正太郎ごっこ」と呼んだらしい。

女性も池波正太郎作品の「鬼平犯科帳」「剣客商売」の虜となり、「ごっご」をしたくなるそうです。 
気持ちはよーく解ります。

「鬼平犯科帳ごっこ」と呼んでおられる方もいる!
http://blogs.yahoo.co.jp/azukiiwakiyo/49092966.html

フェイスブック「池波正太郎ごっこ」というトピックスあり。
だが、全く反応が無いの状態。
http://ja-jp.facebook.com/pages/%E6%B1%A0%E6%B3%A2%E6%AD%A3%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%81%94%E3%81%A3%E3%81%93/136585026423928

「池波正太郎」というトピックスには一万人以上の賛同者がいるのだが・・・
https://www.facebook.com/pages/%E6%B1%A0%E6%B3%A2%E6%AD%A3%E5%A4%AA%E9%83%8E/213444968672892?fref=ts

何れにしても、私は家で「池波正太郎ごっこ」を楽しんでいる。

かく言う私、数年前に「焼酎党」から「日本酒党、純米派」に鞍替えした!
「和風の肴」には日本酒がやはり似合っている。

池波正太郎小説に由来する料理関連サイト・書籍等は「続くを読む」へ続きを読む