妻の実家の地域に、見事なだんじりが存在する。(「★高山近之輔★」作)

「だんじり」といえば岸和田の「岸和田だんじり祭」が有名ですね。
まずは名の通っている、岸和田だんじりの起源を検索した。
2つの異なる解説有り。

岸和田市サイトの記述 
約300年の歴史と伝統を誇り元禄16年(1703年)、時の岸和田藩主岡部長泰(おかべながやす)公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請し、米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられている。 

Wikipediaの記述 
今から約260年前の1745年(延享2年)に、町方の茶屋新右衛門が大坂の祭を見聞し、牛頭天王社(現・岸城神社)の夏祭(旧暦・6月13日)に献灯提灯を掲げたいと藩主に願い出て許可されたのが始まりである。

岸和田のだんじりは古いところで、300年の歴史ということですね。 

さて(妻の実家)「津山だんじり」の歴史を紐解いてみた。 その起源は・・・続きを読む