★生まれ変わりました★ 

☆過去の呪縛から解放され "生まれ変わりました" 30歳(前世通算80歳)で心身ともにすこやかでありたいと願う!「転生記念日: 2013.9.2.」☆ 晩成(雅号) 敬白

iPS細胞

Re "STAP cell" in English

Japanese lady dscovered "Stimulus -Triggered Acquisition of Pluripotency cells".

Great! Well done!

Please check following news.

BBC
Stem cell researchers are heralding a "major scientific discovery", with the potential to start a new age of personalised medicine.

New York Times
・・・・It has taken several years of work to demonstrate this. Much of it was done by Haruko Obokata, who started as a graduate student in Dr. Vacanti’s lab and is now a biologist at Riken. She is the lead author of the two papers in Nature.・・・・

CNN
・・・・"It was really surprising to see that such a remarkable transformation could be triggered simply by stimuli from outside of the cell," said Haruko Obokata of the Riken Center for Developmental Biology in Japan in a news conference this week.・・・・

You can recognize differences between UK and US treatment of this news.



刺激惹起(じゃっき)性多機能性獲得(STAP=スタップ)細胞

「STAP細胞」は何がすごいのか? 世界の科学者はこう見る
THE PAGE 1月31日(金)8時20分配信
1月29日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の研究チーム(研究ユニットリーダー・小保方晴子さん)が「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見」したと発表しました。これは2012年にノーベル賞を受賞した山中伸弥(京大教授)が作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)とは異なるアプローチで体細胞の万能細胞化を実現させた画期的な手法です。それはどのようなものでしょうか。.......

続きを読む

iPS細胞と山中教授

「バイエル薬品、ヒトiPS細胞を先に作製――特許も出願、山中教授抜く」
<2008年4月11日>

こんなニュースが過去にあったそうだ。そのヒトiPS細胞を作成したのは「バイエル薬品神戸リサーチセンターの桜田一洋センター長らのチーム」とのこと。

山中教授がノーベル賞に選ばれたのは、2006年にセルに発表した、マウスのiPS細胞に関する論文が直接かつ最大の理由だ。論文発表からわずか6年でのノーベル賞受賞が、学術的価値の大きさを物語っている。

ただ、iPS細胞が再生医療や創薬といった医療応用への期待が高いことを考えると、事情は変わってくるそうだ。ヒトiPS細胞の作製に関わる基本特許を営利目的の企業、しかも海外企業に奪われれば、日本の企業や研究機関は高い特許使用料を支払う必要が生じる可能性がある。これは、iPS細胞の実用化の遅れや、患者の負担増につながりかねない。実際2009年2月、バイエルは特許の権利をiZumi譲渡。2010年頃には米国で京都大とアイピエリアンの特許紛争は「開戦前夜」とも言うべきぎりぎりの状況にまで至っていたという。

結果から言うと、京都大と海外企業との間で泥沼の特許紛争に発展する恐れさえあったこの問題は、既に解決している。 バイエル薬品が出願していた特許は、iZumiバイオという米バイオベンチャーを経て、同社と合併してできた別の米バイオベンチャー、アイピエリアンに権利が移った後、2010年に英国で成立した。しかし、2011年2月、アイピエリアンが京都大に特許を無償譲渡し、京都大が同社に特許使用を許諾する形で事態は決着した。ちなみに、桜田氏は現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所に在籍しているとのこと。

現在、iPS細胞に関する有力な特許は京都大が運営に関わる特許管理会社のiPSアカデミアジャパンが管理し、製薬会社や関連機器メーカーなど国内外の約60社にライセンス供与している。京都大が基本特許を確保し、企業や大学研究者が安心して利用できるシステムを整えたことで、世界中でiPS細胞の実用化を目指した研究が推進されているとのこと。 まずは、安堵してよろしいようです。

山中教授は2007年以降、記者会見などで取材で「早期にオールジャパン体制を!作らなければ研究競争で欧米に負ける」と繰り返し訴えてきたそうだ。周囲も、山中教授に呼応する形で、研究推進や実用化を目指した環境整備を着々と進めてきた成果とのこと。 

時の人となった、山中教授のテレビ応答を聞きながら「いい先生だな」との印象を持った。謙虚な人柄も好ましい。勇気もある。ノーベル賞の連絡があったときに、奥さんの依頼で「洗濯機を治していました」というのも、氏の飾らない人柄を表していると思った。

日本も捨てたもんじゃないねぇ。

引用元 http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121102/238981/?P=1

細胞の再生について

山のような拙投稿には下書のまま投稿するのを忘れていたものが沢山ある。
「細胞の再生について」もその一つ。
テレビの番組か、雑誌なりからヒントがあり、ネットを調べた内容を羅列した
所謂引用型の投稿! そんなに悪くはないので掲載。
続きを読むに延々と・・・

細胞の増殖法は、細胞分裂以外には存在しない。
細胞分裂(さいぼうぶんれつ)とは、一つの細胞が2個以上の娘細胞に増える現象。単細胞生物では細胞分裂がすなわち個体の増殖を意味する。多細胞生物では細胞分裂によって細胞数を増やすことで個体を形成し、またその後も様々な生物現象に伴って細胞分裂が起きる。したがって生物は細胞分裂の厳密な制御機構をもっており、その異常はたとえば多細胞動物のガン化と関連する。ウィルヒョウは「細胞は細胞から生ず」と言ったと伝えられているが、それを支えるものが細胞分裂であり、生命の連続性はこれに依存している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%88%86%E8%A3%82

「全ての細胞は他の細胞に由来する」(ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー)
Rudolf Ludwig Karl Virchow (13 October 1821 ? 5 September 1902)
「全ての細胞は他の細胞に由来する」("every cell originates from another existing cell like it.")
(ラテン語のモットー、"omnis cellula e cellula"として知られている)
これは、全ての生命でなく、特定の細胞やその細胞のグループしか病気にならないという彼の発見とつながる。
・・・・・・・続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
資格取得
(「生まれ変わり」以降)
剣道四段('04.4)
居合道初段('04.9)
社会体育指導員初級('05.12)
Excel2級('06.2)
貿易実務C級('06.3)
居合道二段('06.4)
剣道五段('08.5)
社会体育指導員中級('09.7)
相続診断士('14.10)
剣道六段('15.5)
剣道錬士号('18.5)
記事検索
無料素材に感謝!
Sponsor
お問い合わせ
お問い合わせは こちら まで
メッセージ
Recent Comments
'05 絵手紙
'06 絵手紙